働き方改革国は働き方改革を進めているが、中小企業にも可能なのか?
 
各社人手不足になるぐらい、仕事量が増えている。
 
その中で残業時間を規制する。
 
という矛盾に感じる、動きになっています。
 
大手企業が減らした仕事が中小企業にしわ寄せがきている可能性があります。
 
ある会社では正社員が残業できないから、派遣社員が残業している。
という話も聞く。
 
 
 
中小企業の経営者も残業規制の対象には入らないのでしょう。
 
 
働き方改革が、結果として非効率な結果を生み出さないか懸念されます。
 
 
ただ、見方を変えれば、中小企業にとってはイノベーションのチャンスかもしれません。
 
少人数で多くの仕事をこなすための投資を行うチャンスでもあります。
 
 
そのためにはしっかりした経営計画を立てる必要があります。
 
この時代の流れを前向きにとらえて、できることを考えてみてはいかがでしょうか。