働き方改革働き方改革の中で、経済産業省はフリーランスも有効な手段の一つとしているそう。

 

ただ、病気などで働けなくなった時のセーフティネットが不十分として、対策が必要としているそうです。

 

独立される方がよく言う不安が、病気などをよくあげられますので、そのセーフティネットができるともっと起業が活発に起こるかもしれませんね。

 

けど財務状況が悪化している国ができることって限られているとは思います。

 

社内ベンチャーがもっと活発に発生するような仕組みづくりをすれば良いのではないかと考えています。

 

企業と起業家がWIN-WINの関係が作れるような仕組みが作れれば、もっと起業家が生まれるのではないでしょうか。

 

アメリカは資産家がエンジェルとして起業家を支援する仕組みができている。

 

日本はクラウドファンディングなどの仕組みがあってもまだまだですね。

 

お金だけではなく経営に対する支援も必要でしょう。

 

ただ、私の知らない、知る人ぞ知る公共機関の支援があったりするので
調べてみると良いかもしれません。

 

参考:SankeiBiz