離職防止6月から大企業の新卒採用のための面接が始まっています。

 

なぜか?

どんなに景気がよくなっても、入社後3年以内に退職する社員が3割いるという状況は変わらないそうです。

 

学生が就職先に求める条件として、給料の額よりも、休暇や残業の有無などゆとり面を重視する傾向にあるそうです。

 

 

そのため各社、従業員を確保するために、働き方改革への取り組み状況をアピールしているそうです。

 

企業の働き方改革が進むのは良いと思います。

 

 

ただ、学生が求める条件が、どうも会社への依存体質をあらわしているような感じがして気になります。

 

会社にしてもらおうというのではなく、自分たちで働き方を変えていこうという気持ちを持ってもらいたいと思います。

 

そして、会社側はそれに応えて行けるような、体制を整えてもらいたいと思います。