コーチングコーチングと聞くとどのようなイメージをされるでしょうか?

 

”話をよく聴く”スキルでしょ。

 

そんなに役立つものなの?

 

っていうのが、当初の私がコーチングに対して持っていたイメージです。

 

同じようなイメージを持っている経営者は多いのではないでしょうか?

 

 

確かに、人の話を聴くってことは、ほとんどの人ができていることなので
わざわざ身につけるスキル?って感じる方が多いのかもしれません。

 

ただ本当の意味でちゃんと聴けている方はどれぐらいいるでしょう?

 

”近頃の若手の考えが理解できない”とか

”部下がきちんと報告してこない”とか

そんな風に、コミュニケーションで問題が発生していると感じているなら

聴くスキルが不十分な可能性があります。

 

 

本当に聴くスキルのある上司の場合、

若手の本当の気持ちまで聴き取りができるでしょうし、

本当に聴いてくれる上司なら、部下はきちんと報告してくるでしょう。

 

 

いちど社内で発生するコミュニケーション不足を、自分事の問題と考えてみてください。

その時、コーチングスキルが役立てる場を認識することができるでしょう。