ストレスチェックニュース記事の中に「ブラック産業医」なる言葉を見つけました。

どういうものなんでしょう?

 

精神疾患による労災認定は増加傾向にあります。

 

企業間競争の激しい中、従業員にかかるプレッシャーは大きなものになっています。

 

そのため、鬱などの精神疾患にかかる人が増えており、産業医の役割というものが重要なものになっています。

 

だから産業医は従業員の味方ってイメージがありました。

 

しかし、中には会社側の味方となって、鬱になった従業員を退職に追い込むことに協力する産業医もいるそうです。

 

それをブラック産業医と呼んでいるそうです(^^;。

 

産業医の中には、企業に嫌われたくないという気持ちが働いても仕方ないでしょうね。

医者としては安定した顧客になるわけですから。

 

だから企業側の態度が重要になっています。

 

従業員のストレスを抑えるためにどのような取り組みをしていますか?

 

(参考リンク)