アクティブラーニング現在、多くの私立大学でアクティブラーニングが取り入れられているそうです。

 

その傾向は増加していくのではないかと思います。

 

アクティブラーニングは従来の一方的に教えるというものではなく、

 

生徒が課題や質問に答えるために主体的に学習する形態です。

 

コーチングに似ていますね。

 

なぜ、増えているのか。

 

一方的に教える従来のやり方のせいで、教えられないと動かない人材が増えているからではないかと思います。

 

新しいものを生み出すには、誰も教えられないような未知の分野に積極的に取り組んでいく必要があります。

 

そんな人材が今望まれているからではないでしょうか。

 

アクティブラーニングを経験したことのない世代はどうすれば良いのか?

 

ぜひ、社内にコーチングを取り入れてください。

 

何度もコラムで書いていますが、1日だけのコーチング研修では意味が無いです。

 

最低1年ぐらいコーチングを学び続ける仕組みを取り入れてください。

 

その時、自ら考える組織に変わり始めると思います。

 

(参考リンク)