PDCA仕事をしていると、PDCAをまわすって話を何度も使うのではないでしょうか?

 

しかし、効果的に使えていると感じますでしょうか?

 

客観的に見ていると、実際にきちんとできているところは少ないように感じます。

 

トヨタはカイゼンという言葉で常に回せているのかなと感じますが、だいたいは一度決まったやり方を変えることを嫌がります。

 

だから多くのところがDで止まっているように感じます。

 

改善が進まない限り、外部環境とのズレが大きくなってきます。

 

「PDCAだけ」という書籍を本屋で見たことがありますが、本当にきちんとできたら効果は大きいと思います。

 

なのに何故変えられないのか?

 

それは変えることによって発生するリスクを恐れているのではないでしょうか。

 

イノベーションはリスクを超えたところでしか生まれません、

 

ぜひ客観的に自分たちを見つめなおす「C」の実践をしてみてください。