デザイン思考で起こすイノベーション

コーチング・コミュニケーション研修

『競争優位性を築くためのイノベーションを起こしてください』

そう言われてもなかなか難しい。

インターネットや書籍で調べると、イノベーションの起こし方的な情報は多くあります。

それでイノベーションは起きているでしょうか?

ここ数年、iTune、YouTube、スマートフォン、ドローンなどなど

多くのイノベーションは海外で生まれています。

海外の企業はどのようにして、イノベーションを生んでいるのでしょうか。

 

コーチング・コミュニケーション研修

 

【デザイン思考を取り入れる】

海外の企業では、デザイン思考という手法を取り入れているところが多い。

新しいようで、わりと歴史のある手法です。

日本にも入ってきていますが、浸透しているようには見えません。

その要因には、チーム力やコミュニケーション力が必要だからです。

デザイン思考は”一人の天才に頼った開発ではなく、チームによる開発”という特徴があります。

チーム力が強ければ強いほど効果を生みます。

チーム力を強くするために必要なのが、柔軟なコミュニケーション力。

 

 

〇デザインとは?

ところで、”デザイン”とは何でしょう?

Wikipediaによると(2019/2/3時点)

デザインとは、審美性を根源にもつ計画的行為の全般を指すものである。意匠。設計。創意工夫。
また、オブジェクト、システム、 図画、設計図、回路、パターンなど)を構築するための計画、または作成する行為など、「デザイン」はさまざまな分野で異なった意味として用いられている。
輸入概念である日本では「応用美術」「意匠設計」「造形デザイン」などと訳語される。

となっています

アップルのデザインが良いとか、見た目と捉えている方が多いかもしれません。

デザイン思考で言う”デザイン”は”問題解決”と定義されます。

「デザイン思考」=「問題解決思考」

なのです。

産業デザインとか、ユニバーサルデザインを考えると分かりやすいかもしれません。

デザインで様々な課題を解決してますね。

デザイナーさん含め、アーティストの方たち、作家の方たちもそうかもしれません。

毎年のように新しいアイデアが生れてきます。

もうネタがつきないのかな?と思うのに新しいアイデアが生れてきます。

そのデザイナーさんの思考方法を取り入れたら、もっと新しいアイデアが生み出せるのでは無いでしょうか?

それが『デザイン思考』です。

デザイナーさんは、一人一人のセンスによって新しいアイデアを生み出していると思います。

多角的にセンシティブに感じる感性を持っているのでしょう。

デザイン思考は先ほど書きましたように、一人の天才に頼る発想力ではありません。

デザイン思考の考え方は

”一人では思いつかないコトも、チームで考えれば多角的に様々な方向から考えられる”

です。

様々な価値観の人が考えたとき、創発的に新しいアイデアが生れます。

だから多様な個性をもったメンバーを揃えた方がより、効果が高まると考えられています。

チームのメンバー全員は積極的に発言していないと、その効果が無いです。

だからコミュニケーション力が必要なのです。

 

人事評価制度

〇デザイン思考の進め方

デザイン思考は次のような順番で進めます。

1.共感

2.問題定義

3.アイデア創出

4.プロトタイプ

5.テスト

 

「共感」

「共感」では、観察力、直感力が求められます。

普段の生活の中にある、”気になる”を集めます。

テーマが決まっているなら、そのテーマで”気になる”を集めます。

例えば、炊飯器についてなら、日ごろ炊飯器を使っているシーンから使われていない時まで

炊飯器の周りで起こる”気になった”を集めます。

チームメンバーが多いほど、多様な意見が集まります。

 

「問題定義」

「問題定義」では、「共感」で出てきた”気になった”がどのような要因で発生しているのか突き詰めます。

その要因を問題として定義します。

 

「アイデア創出」

「アイデア創出」で、問題の解決方法についてアイデア出しをします。

ここもチーム力が発揮される場面です。

アイデア創出の手法は”ブレインストーミング”が一般的ですが、

曼荼羅アートやオズボーンのチェックリストなども活用します。

とりあえず質より量でたくさんのアイデアを出していきます。

「共感」も同様ですが、高い柔軟性が必要になります。

 

「プロトタイプ」

 

一般的に商品開発はコストが高く、失敗するとまた1からとなります。

開発コストも時間的コストも多く、失敗したときの損失が大きくなります。

そのため、新商品開発に慎重になる会社が多い。

商品開発について、失敗回数が多いほど大きな成功をもたらしている傾向があります。

エジソン、ライト兄弟、ダイソンなどなど、事例はよく聞くのでは無いでしょうか。

デザイン思考では、小さいコストで失敗できる仕組みを取り入れています。

この「プロトタイプ」では、紙皿、模造紙やロープなど、簡単に手に入る道具で試作します。

3Dプリンターなどを活用する場合もあります。

スマホのアプリなどは画面を紙に書いてみます。

近くに、プログラマーを抱えているところは、素早く、簡易的なアプリを作ります。

 

「テスト」

「テスト」でそれを使って実際の利用シーンを再現してみます。

そして「共感」で気になったコト。

「問題定義」で問題とされたコト。

などがどうなったかを評価します。

評価が低ければ、戻って他の方法をやりなおします。

このプロセスを繰り返せば繰り返すほど、精度の高い商品が開発できるようになります。

「これでいける」となったときに初めて設備投資などを進めます。

この開発手法も人材や時間などコストがかかりそうに感じますが、

失敗するコストを考えると、大幅にコスト削減できます。

開発のスピードも大きく変わります。

実際、シリコンバレーとかでデザイン思考を取り入れているという企業が大きく成長しています。

 

 

〇まとめ

 

設立して、何十年もたっているのにまだ小さい会社。

設立して、10年もたたないのに上場する会社。

どちらも最初は小さい会社でした。

何が違うのでしょうか?

イノベーションを起こせる会社と起こせない会社

何が異なるのでしょう?

それはリーダーシップとコミュニケーションの質にかかっています。

活発にアイデアを出し合えるチームである。

出てきた奇抜なアイデアをリーダーが柔軟に受け止められる。

そのような組織づくりが大切です。

 

 

※※コーチング・コミュニケーション企業研修はこちら※※

 

※各種お問い合わせはこちら※