組織の一体感と労働生産性を高めるコミュニケーション

コーチング大阪コミュニケーション

組織を強化するための三要素

「共通目的」「貢献意欲」「コミュニケーション」

この中でも「コミュニケーション」が最も大事だと考えています。

労働生産性を高めたいなら「コミュニケーション」の質を高めるのが重要です。

コーチング大阪コミュニケーション

 

〇生産性を高めたい組織にコミュニケーション力は必須

組織にどうしてコミュニケーションが必要なのでしょうか?

会社で考えてみたいです。

会社は多くの場合経営者一人の想いからスタートします。

そして、経営者が1人ですべての仕事ができると生産性が最も高くなります。

しかし、仕事量が増えてくると手に負えなくなります。

そこで、人材を雇用します。

メンバーが2人以上になったとき、組織になります。

そして必要になるのは「方向性を示す」と「指示を出す」

「リーダーシップ」「コミュニケーション」です。

この2つは、会社が組織になったときから、永遠に必要な要素です。

「コミュニケーションが大事なのはわかっている!」

と感じられたかもしれません。

実際できているでしょうか?

「指示が、リーダーの意図通りにメンバーに伝わっていますか?」

「意図通りにメンバーは行動してくれますか?」

その度合いが低いほど、効率が悪くなり、労働生産性は低くなります。

 

〇コミュニケーションって?

ところでコミュニケーションって何?

カンバセーション(会話)との違いは何?

あまり深く考えた経験は無いのではないでしょうか?

 

コミュニケーションは広辞苑によると「社会生活を営む人間の間に行われる知覚・感情・思考の伝達」

会話は広辞苑によると「二人あるいは小人数で、向かいあって話しあうこと」

コミュニケーションの語源は「共有する」と言われています。

情報を知覚や感情のレベルまで共有するものがコミュニケーションです。

リーダーが指示した言葉だけでなく、意図など感情まで伝わってコミュニケーションです。

若手社員の想いや不満など感情までも、リーダーが理解できていて初めてコミュニケーションです。

 

そうでないと、お互い”分かってくれない”になります。

そしてモチベーションが下がり、労働生産性が下がります。

 

コミュニケーション

〇質の良いコミュニケーションとは?

コミュニケーションは通信とも訳されます。

通信は送信と受信の双方向です。

”話し手”と”聴き手”が存在して初めてコミュニケーションと言えます。

それでは

深いレベルの「知覚・感情・思考」を共有するためには、”話し手”と”聴き手”どちらが重要でしょうか?

コーチングのセミナーでは次のような体験してもらいます。

 

2人ペアで、一人が”話し手”、もう一人が”聴き手”になってもらいます。

そして”話し手”にあるテーマで話を2回してもらいます。

1回目:”聴き手”が”話し手”を完全よそ見で無視する。

2回目:”聴き手”が”話し手”の話を一生懸命聴く。

 

それを体験してもらったとき、1回目の方では”話し手”はだんだん話すのが苦しくなってきます。

そして話が止まってしまいます。

2回目の方では、”話し手”は気持ちよくたくさん話せます。

この両極端の二つのパターンを試した時、どちらの方が情報の共有量が多くなるでしょうか?

多くの場合、2回目の方になります。

情報の共有量と労働生産性は相関します。

 

コミュニケーションの深さは、”話し手”の影響を受けると考えられている方が多いです。

どうやったら、部下を動かせるのか?

そのような書籍やセミナーも世間にはあふれています。

コミュニケーションの深さは、”聴き手”の態度の方が重要なのです。

電子メールなども、正確に受信できて初めて通信(コミュニケーション)できます。

おそらくベテランのスピーカーでも、聴衆が全員寝てしまったり、雑談していたら、そこで話を続けるのは苦しいでしょう。

怒って帰ってしまうかもしれません。

部下やチームのメンバーが報告、連絡、相談をしてこないとき

部下やチームのメンバーのコミュニケーション能力が低いとレッテルを貼るかもしれません。

それも正しいかもしれません。

しかし、上司に相談しづらいのかもしれません。

極端にいえば、上司がすぐ怒る人だった場合など。

そうなると、仕事がスムーズに進まず、労働生産性は低下します。

 

 

〇聴く力とは何?

”聴く力”とは何でしょうか?

”聴く力”が強いかどうか、どのようにして分かりますか?

よく”ちゃんと聴いてたのか?”というセリフがあります。

ちゃんと聴いていれば、学者の難解な話も理解できるのでしょうか?

多くの方がこれまでちゃんとした”聴き方”を学んできていません。

話し方やスピーチ力などは学校で学んだかもしれません。

雑談力やプレゼン力は社会人になって学んだかもしれません。

ただ、”聴き方”を学ぶ機会はほとんどなかったのでは無いでしょうか?

”聴く力”とは?の答えは一旦保留にしてみたいと思います。

一度、聴く力って何か考えてみてください。

上にヒントは書いています。

それを理解できていないと”話し手”と”聴き手”の一体感は出てきません。

つまり労働生産性が上がりません。

 

※※コーチング・コミュニケーション研修はこちら※※

※※問い合わせはこちら※※