1on1ミーティングのメリット(目的と効果)

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングの導入が進んでいます。それは大きなメリットが得られるからです。

1on1ミーティングとは何なのか?目的と効果などを説明します。

1on1ミーティングには、「部下のモチベーションアップ」などのメリットがありますが、実施する上司の1on1ミーティングのスキルに大きく左右されます。

注意点も含めて1on1ミーティングについて説明します。

※1on1ミーティングのメリットを得るためのセミナー

 

【目次】

 

 

社員のモチベーションアップが求められる

コーチング・コミュニケーション

企業の競争がグローバルに広がる中、日本では人手不足が深刻になっています。人材獲得、離職防止に追われている企業も存在します。

日本の企業は外国の企業との競争に勝つためには、生産性の向上が求められています。

 

 

組織の生産性を向上するために

組織の生産性を高めるためには、メンバー一人ひとりのモチベーションが高まっている状況にする必要があります。同じ知識や経験があったとしても、社員のモチベーションの高さで生産性が大きく変わるからです。

各部署を任された管理職は、部下のモチベーションを向上させられるかが問われます。どんなに仕事ができる管理職でも部下を動かせるかで、成果が大きく変動します。

管理職はコミュニケーションの高さが求められます。

 

 

指示命令だけでは人は動かない

今の管理職が、部下のモチベーションアップに苦労するのは、価値観が大きく変わってきたからです。昔は、会社に入ったら、その上司に従うのが当たり前だったのかもしれません。

しかし、今は違います。従いたくなかったら従わない、辞めてしまうなどが発生します。あまりに強引に従わせようとするとメンタルを病んでしまいます。パワハラの問題などもあり、管理職は強引に部下を働かせることができなくなってきました。

部下が主体的に働くように、マネジメントする必要があります。そこで注目されているのが1on1ミーティングです。

 

※1on1ミーティングのメリットを得るためのセミナー

 

1on1ミーティングとは

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことをいいます。

人事評価面談とは異なり、「評価しないこと」「頻度」などが特徴です。

 

 

1on1ミーティングと人事評価面談の違い

1on1ミーティングは、人事評価面談とは目的が異なります。人事評価面談は、部下の仕事の成果などを評価することを目的としていますが、1on1ミーティングは、部下の成長や部下との信頼関係構築を目的としています。

そのため、人事評価面談は上司がメインで話をしますが、1on1ミーティングは部下がメインで話をします。人事評価面談が過去の成果の話がメインになるのに対し、1on1ミーティングは未来の話がメインになります。

信頼関係構築が大前提になりますので、頻度が多いです。週1回~月1回のペースで行います。

 

 

1on1ミーティングのメリット・目的と効果

1on1ミーティングの目的は部下の成長と信頼関係構築です。まず、信頼関係構築が優先となります。信頼関係があって、なんでも話しても大丈夫だという安心感ができるから、部下がメインで話ができるようになります。

そこまでの信頼感ができると、アイデアの提案、報告・連絡・相談などがスムーズに行われます。チャレンジしても大丈夫だという安心感があるから、主体的に行動できるようになります。

そうすることで、チームとしての生産性の向上や、部下の成長といったメリットが得られます。

 

※1on1ミーティングのメリットを得るためのセミナー

 

1on1ミーティングを導入する

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングでメリットを得るには、注意が必要です。結論的には、コーチングセッションのトレーニングをすることが重要です。

なぜなら聴く力が無いとメリットが得られないからです。

 

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングは、厳格なルールがあるわけではありません。とりあえず、部下が話したいテーマについて、上司が聴くというルールだけ存在します。しかし、ただの雑談になっては、部下の成長にはつながりません。

そのため、コーチングセッションと同じくGROWモデルに沿って進められることが一般的です。GROWモデルとは次の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

1.前回のセッション後のことを確認する
2.今回話したいテーマを確認する
3.テーマのあるべき姿(ゴール)を確認する
4.(ゴール)に対する(現状)を確認する
5.(ゴール)と(現状)のギャップを埋めるためにするすべての施策(選択肢)を明確にする
6.次のセッションまでにどの(選択肢)を実施するか(意思)を確認する

この順に話を進め、行動を促します。

 

 

1on1ミーティングの注意点

1on1ミーティングのルールは、部下が8割から9割話している状態をつくることです。しかも本音で。

そのため、上司には聴く力が必要になります。「評価」「アドバイス」「指示」などをして上司が話はじめると、部下は黙ります。

また、信頼関係が無くても部下は話しません。極端に言えば、嫌いな上司がいくら質問してきても、部下は答えたくありません。

つまり、1on1ミーティングでメリットを得るためには信頼関係と聴く力が重要になります。

 

※1on1ミーティングのメリットを得るためのセミナー

 

メリットを得るためにコーチング・コミュニケーションを

コーチングスキル

部下のモチベーション次第で、チームの生産性は大きく変わります。部下のモチベーションが高められるかで、上司の成果が変わるということを意味しています。

それらの課題に対して1on1ミーティングを導入することでメリットが得られます。しかし、聴く力が無いと、メリットが得られません。

聴く力を強化するためにも、コーチング・コミュニケーションを学んでみてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】