1on1ミーティングで部下のモチベーションアップする方法

コミュニケーション

上司という立場になると、チームとしての成果をもとめられます。

そのために、メンバー、部下のモチベーションはとても気がかりでしょう。

部下のモチベーションがアップするかどうかで生産性が大きく変わるからです。

近年、部下のモチベーションアップ方法として、1on1ミーティングが注目されています。

部下のモチベーションアップする方法として大切なことを説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

部下のモチベーションアップが重要

コーチング・コミュニケーション

チームを任された上司の責任は、チームとしての成果を最大化することです。

そのためには、メンバーである部下のモチベーションアップが重要になります。

部下のモチベーションアップが重要な理由を説明します。

 

 

部下の離職率を改善

近年は若手社員の転職が当たり前になりつつあります。

部下のモチベーションが下がりきってしまうと、離職につながってしまいます。

もし、部下が離職してしまうと、そのチームにとって大きな痛手になることがあります。

これまでにかかった採用コスト、人材育成のコストが無駄になります。

同じ戦力の人材を再度補強するには、時間を要します。

その期間生産性を落としてしまうことになります。

部下のモチベーションアップは離職率の改善につながります。

 

 

チームの生産性を高める

このように部下のモチベーションの低下は、離職につながり生産性を低下させるリスクがあります。

離職につながらないまでも、モチベーションの低下はチームの生産性を低下させます。

「モチベーションの低い社員」と「モチベーションの高い社員」

同じ仕事をしていたとしても、生産性には大きな差が生まれるでしょう。

チームの生産性を高め、成果を最大化するには、部下のモチベーションアップが欠かせません。

 

 

 

部下のモチベーションアップができない理由

コーチング・コミュニケーション

部下のモチベーションがアップしないとしたら、その考えられる理由について説明します。

部下にいくら「モチベーションを上げろ」とか「やる気を出せ」といってもモチベーションは上がりません。

 

 

なんのために仕事をしているのかわかっていない

仕事に対してモチベーションが上がらないのは「何のために、この仕事をしているのかわからない」ということが考えられます。

学生時代、数学の微分積分などが「将来何の役に立つのかわからない」ということがあればモチベーションが上がらなかったでしょう。

仕事に学問も同じです。

何のためにそれが必要なのかがわからないとモチベーションが上がりません。

そして「何のために」がわかったとしても「自分にメリット」が無いとモチベーションが上がりません。

 

 

出る杭は打たれる

部下が会社を離職する理由に上司との人間関係があります。

怒鳴られる。否定、批判される。評価してくれない。などが存在すると部下のモチベーションは下がります。

せっかくモチベーションの高い部下だったとしても、上司の関わり方次第でモチベーションが大きく低下します。

「やる気を出せ」と言われても、「やったら怒られる」のであれば、誰もやる気は出ないでしょう。

部下のモチベーションアップできない理由は、上司である場合があります。

 

 

 

部下のモチベーションアップ方法

コーチング・コミュニケーション

部下のモチベーションがアップするかどうかは、上司の関わり方が大きく影響しているのがわかります。

だから、部下のモチベーションアップ方法は、上司の関わり方を大きく変えることです。

そこで注目されているのが1on1ミーティングという部下のモチベーションアップ方法です。

 

 

1on1ミーティングを取り入れる

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことをいいます。

通常の評価面談も1対1で行いますが、目的と方法が異なります。

1on1ミーティングの目的は、「部下のモチベーションをアップし、成長を促す」です。

1on1ミーティングの方法は、「上司からの評価、指示命令」ではなく、「部下から本音を引き出す」です。

上司は聴き役に徹します。

そして頻度も異なります。

評価面談が年1,2回なのに対して、1on1ミーティングは週1回~月1回の高頻度で行います。

ところで、部下のモチベーションアップ方法として注目されている1on1ミーティングですが、誰がやっても同じ効果を出せるわけではありません。

上司のコミュニケーション能力がもとめられます。

 

 

コミュニケーション能力を強化する

1on1ミーティングの効果は上司のコミュニケーション能力に左右されます。

1on1ミーティングの方法は「部下から本音を引き出す」ですが、部下から信頼されていない上司は、まずこれすらできません。

ただのうわべだけの会話になると、何も生み出されなくなります。

また、1on1ミーティングは「聴く力」が重視されます。

上司となる人は、相手を論破する「話す力」が強い人は多いですが、「聴く力」はそれほど強くありません。

なぜなら、「聴く力を強化する方法は?」と質問しても答えられないからです。

強化する方法がわからないものを強化することはできません。

 

 

 

モチベーションアップにつながるコミュニケーションを

コーチング・コミュニケーション

チームを任された以上、上司としてはチームの成果を最大化することがもとめられます。

そのためにはメンバーのモチベーションアップは欠かせません。

メンバーのモチベーションアップ方法として、1on1ミーティングが有効です。

しかし、1on1ミーティングの効果が出るかどうかは、上司の聴く力、コミュニケーション能力にかかっています。

「聴く力」の強化方法として、コーチング・コミュニケーションのセミナーを開催しています。

コミュニケーション能力をアップして、部下のモチベーションアップをはかりましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】