1on1ミーティングの目的と効果

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングの活用が広がっています。それは、部下のモチベーションアップなど、さまざまな効果があるからです。

しかし、1on1ミーティングの効果があるかどうかは、上司のコミュニケーション能力に大きく左右されます。上司のスキルが無ければ、無意味な時間になる、逆効果になる可能性さえあります。

1on1ミーティングの目的と効果、進め方やデメリットについても説明します。

 

※1on1ミーティングの効果をあげるためのコミュニケーション能力強化セミナー

 

【目次】

 

 

1on1ミーティングの目的

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1のミーティングのことです。評価面談とは異なり、週1回~月1回のペースで行います。

1on1ミーティングの内容も、上司が「教える」「評価する」ではなく、部下が話したいことを話すのがメインになります。目的は、「部下の成長」と「上司と部下の信頼関係構築」です。

 

 

部下の成長

1on1ミーティングの第一の目的は、部下の成長です。「指示する」「教える」だけでは社員教育の限界があります。「指示するだけ」になると、「教えてもらえないと動けない」「自分で考えない」といった指示待ち社員になってしまいます。

自分で考えて主体的に動いてもらうためのミーティングです。考えて主体的に動くから、自分で学んで成長していくことにつながります。

 

 

上司と部下の信頼関係構築

1on1ミーティングの第二の目的は、上司と部下の信頼関係の構築です。仕事量増加と人手不足の影響で、上司も仕事をかかえ、部下とのコミュニケーションが希薄化傾向にあります。そのため、お互いのことを理解しあえず、ぶつかったりします。

その結果、部下のモチベーションが下がったり、メンタルヘルスをやんだり、離職につながったりします。上司と部下のコミュニケーションを密にして、お互いなんでも話せる環境を作ることが目的です。

 

※1on1ミーティングの効果をあげるためのコミュニケーション能力強化セミナー

 

 

1on1ミーティングの効果

コミュニケーション

1on1ミーティングの効果は、上述した目的を達成することです。その副産物として、下記のような、さらなる効果に広がります。

結果的に社員のエンゲージメントを高め、離職率を改善し、組織力をアップし、生産性改善、業績アップにつながるのです。

そのため、1on1ミーティングの活用が広がっているのです。

 

 

部下のモチベーションアップ

1on1ミーティングの中のテーマは部下が話したことが中心になります。目指すところは「部下がやりたいことを、上司が後押しする」という状況です。

人に「やれ」と言われて実施するよりも、自分が「やりたい」ことをできている状況の方がモチベーションが上がります。そして、仕事に対して「やりがい」を感じるようになります。

仕事に対して「やりがい」を感じると、部下は主体的に動くようになります。

 

 

生産性の向上

上司と部下の信頼関係が構築されるとコミュニケーションの速度が速くなります。上司からの「指示命令」、部下からの「報連相」「アイデア提案」などが活発に通るようになれば、生産性が大幅に向上します。

どんなにIT技術が進化して、コンピューターの通信速度が上がったとしても、ボトルネックになるのは人間同士の通信速度だからです。コミュニケーション能力の強化によって、生産性の改善が見込まれます。

 

※1on1ミーティングの効果をあげるためのコミュニケーション能力強化セミナー

 

 

1on1ミーティングを実施する

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングの実施方法について説明します。上述したように、上司のスキルに大きく左右されます。

また、効果はすぐに出ません。継続して繰り返すことが重要です。

 

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングの進め方について説明します。

頻度は週1回~月1回です。時間は30分~1時間です。話の内容は部下が話したいことです。進め方にルールはありませんが、GROWモデルに沿って進めることがおススメです。

GROWモデルとは次の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

次のように進めます。

1.前回のセッション後のことについて確認
2.今回話したいテーマについて確認
3.そのテーマがどうなったら良いのか(ゴール)の確認
4.(ゴール)に対して(現状)の確認
5.(ゴール)と(現状)のギャップを埋めるための施策(選択肢)の確認
6.次回のセッションまでにどの施策を実行するのか(意思)の確認

最後に行動を促すことが重要です。行動しない限り、部下は成長しないからです。

 

 

1on1ミーティングと聴く力

1on1ミーティングは、上司のコミュニケーション能力に大きく左右されます。特に聴く力です。1on1ミーティングでは、上司は徹底的に聴き手に回ります。

 

傾聴力が無ければ、部下は建前の話しかしません。

質問力が無ければ、沈黙の時間が苦痛になるかもしれません。

フィードバック力が無ければ、ただの雑談になるかもしれません。

 

聴く力を強化する必要があります。聴く力を強化する方法としてオススメが、コーチング・コミュニケーションです。

コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるスキルです。コーチングスキルを強化することによって、聴く力が強化されます。

 

1on1ミーティングのデメリット

1on1ミーティングのデメリットは、「効果が出るまで時間がかかる」「上司の負担が大きい」です

上述したように、1on1ミーティングは上司のコミュニケーション能力に左右されます。スムーズにコミュニケーションをとれるようになるかは、「部下の性格」にも左右されます。そのため、「効果が出るまで時間がかかる」という前提で行うことが大切です。

そうでないと、やっている上司自身が疑心暗鬼になります。意味が無いことをやっていると感じると、さらに効果が出づらくなります。そのため、時間がかかるということを前提に、上司のコミュニケーション能力向上を同時に進める必要があります。

もう一つのデメリットとして、「上司の負担が大きい」ことです。近年は、人手不足の影響と働き方改革の影響で、上司もプレーヤーとして多くの仕事を抱えている傾向にあります。

それにも関わらず、週1回1時間の1on1ミーティングを行うとしたら負担が大きなものになります。部下が8人いたら、丸1日仕事ができなくなります。

1on1ミーティングを行う場合は、ただ「会社として決めたから行うように」というのではなく、「上司の仕事の負担の見直し」も必要になります。

効果のある1on1ミーティングも、実施する本人のモチベーションが低ければ、何の効果も生まれません。効果的に行うためには、工夫が必要です。

※1on1ミーティングの効果をあげるためのコミュニケーション能力強化セミナー

 

 

 

コミュニケーション能力を強化しよう

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングの活用が広がっていますが、効果があるかどうかは上司のコミュニケーション能力に左右されます。

コミュニケーション能力が広ければ、ただの雑談になる可能性や、普通の評価面談と変わらない状況に陥ります。

効果が出るまでは上司にとっても苦しい時間になります。

できるだけ効果を早めるためにも聴く力・コミュニケーション能力の強化に取り組んでください。

 

※1on1ミーティングの効果をあげるための「聴く力」強化セミナー