1on1ミーティングの効果を左右するコミュニケーション能力とは

コーチング・コミュニケーション

労働者の仕事に対する意識の変化に伴い、転職が当たり前になってきました。部下をもつ上司にとって、せっかく育てた部下が辞めてしまうと、大きな痛手になります。そこで、部下のモチベーションを引き出し、成長を促し、帰属意識を高める1on1ミーティングの活用が広がっています。しかし、1on1ミーティングの効果は、上司のコミュニケーション能力に左右されます。

上司のコミュニケーション能力が低いと、通常の面談と変わらない、もしくはただの雑談になります。1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーション能力について説明します。

※1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーションセミナー

【目次】

 

1on1ミーティングの活用が広がる

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングの活用が広がっています。1on1ミーティングについて説明します。

 

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことをいいます。それなら、いつもやってると思うかもしれませんが、評価面談など通常の面談と目的が異なります。目的は、部下の主体性を引き出し、成長を促すことです。それによって、やりがいを醸成し、帰属意識を高めます。部下がやりがいを出して働いてくれることで、チーム全体のパフォーマンスが向上します。

 

1on1ミーティングの方法

1on1ミーティングの方法について説明します。1on1ミーティングは、上司と部下の1対1の面談のことをいいますが、その面談で主に話をするのは部下になります。上司は聴き役に徹します。頻度も大きな特徴です。週1回~月1回の高頻度で行います。1回の1on1ミーティングの進め方はGROWモデルに沿って進められることが一般的です。

GROWモデルとは次の単語の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

1.理想的な状態(ゴール)を確認する
2.ゴールに対する現状を確認する
3.ゴールと現状のギャップを埋めるための施策(選択肢)を確認する
4.選択肢の中からまず何に着手するか意思を宣言してもらう(行動を促す)

1on1ミーティング全体の流れは、1on1ミーティング⇒行動⇒1on1ミーティング⇒行動⇒1on1ミーティング⇒・・行動を促し続けることにより、成長を促します。

※1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーションセミナー

 

 

1on1ミーティングのデメリット

コーチング・コミュニケーション

活用の広がる1on1ミーティングですが、もちろんデメリットも存在します。1on1ミーティングのデメリットについて説明します。

 

1on1ミーティングの効果はコミュニケーション能力に左右される

1on1ミーティングは部下のモチベーションアップには効果的な手法ですが、上司のコミュニケーション能力に大きく左右されます。場合によっては、部下のモチベーションを逆に下げてしまう1on1ミーティングもあります。

特に、恐れられている上司、嫌われている上司、信用されていない上司の場合、何も意味のない1on1ミーティングになる可能性が高いです。なぜなら、1on1ミーティングでは、部下が本音で話をしてくれるかどうかに効果が左右されるからです。極端な話、嘘ばかり話されても何も効果がありません。

 

1on1ミーティングは上司の時間が奪われる

また、1on1ミーティングは、上司がアドバイスを行わず、部下が主体的に話ながら自分自身の行動を決めます。そのため、指示待ちが癖になり、考える力が低下している部下の場合、行動につながるまで時間がかかります。

そのため、高頻度で繰り返して行うことがもとめられますが、上司の時間が奪われます。もし部下が10人いて、週1回のペースで行うとしたら、上司は週の1日は1on1ミーティングだけで終わってしまいます。もし効果の生まれない1on1ミーティングを続けていたら、ものすごい損失となります。

※1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーションセミナー

 

 

1on1ミーティングの効果を高めるために

コーチング・コミュニケーション研修

もし1on1ミーティングの時間を有意義なものにしたいのであれば、1on1ミーティングのスキルアップが必要です。上司が聴き役に徹しますが、ただの会社に対する不満を聴くだけの場になってしまってはもったいないです。上司の聴く力コミュニケーション能力の強化が必要です。

 

聴く力コミュニケーション能力の強化を

1on1ミーティングをする多くの上司が悩むことが、「何を話せばよいのか?」です。極端な話、上司は聴き役に徹するので何も話さなくて良いです。ただし、部下が「何を話せばよいのか?」がわからないため、部下が話しやすいようにサポートする必要があります。それが聴く力コミュニケーション能力です。

聴く力とは、相手が本音でどれだけたくさん話してくれるかで表されます。部下自身も「こんなこと言っていいのだろうか?」を疑心暗鬼の中、話をします。本音で話してくれるようになるまで、根気が必要です。部下が話してくれないので、上司ばかり話していたら通常の面談になってしまいます。

 

 

コーチングスキルのトレーニングを取り入れる

1on1ミーティングのスキルアップとしてオススメなのがコーチングスキルのトレーニングを取り入れることです。コーチングとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。コーチングセッションは、目的も方法もほぼ1on1ミーティングと同じです。コーチングセッションは、コーチングスキルを駆使して行います。

そのため、コーチングスキルを高めることによって、コーチングセッション、1on1ミーティングの効果を高めることができるのです。コーチングスキルを強化する方法は、コーチングセッションを繰り返しトレーニングするしかありません。

※1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーションセミナー

 

 

聴く力コミュニケーション能力強化し1on1ミーティングの効果を高めよう

コーチング・コミュニケーション

会社で管理職として働くなら、チームの成果を最大化することがもとめられます。チームの成果を最大化するためには、メンバーが協力的でモチベーション高く働いてくれる必要があります。そのため、上司にもとめられることは、部下の成長とモチベーションアップです。それをサポートするものとして1on1ミーティングの活用が広がっています。

しかし、その効果は上司の聴く力コミュニケーション能力に左右されます。コーチング・コミュニケーションを取り入れて、1on1ミーティングの効果を高めましょう。

※1on1ミーティングの効果を高めるコミュニケーションセミナー