組織の三要素の一つとして挙げられるのが「コミュニケーション」
 
コミュニケーション能力の強化が組織の活性化には欠かせません。
 
 

 
 
「コミュニケーションってどういうこと?」と聞かれたら何と答えますか?
 
 
コミュニケーションの語源はラテン語の「communis」から来ているといわれています。

意味は「共有」

 
お互いが情報を共有出来て初めてコミュニケーションができてることになります。
 
 
そのような中「自分自身のコミュニケーションは完璧」という意識の方が多くおられるような感じがします。
 
経営理念や会社のビジョンは伝えたと言うが、社員に確認すると聞いたことがないということがあったり、
 
一方的に相手のレベルに合わせず話すだけ話して、部下の理解が遅いと怒っていることがあったり。。
 
そのようなケースはないでしょうか?
 
改めて、皆さんのコミュニケーション能力はいかがでしょうか?
 
世間にあふれているコミュニケーションは、「話す」という能力に偏重しているように感じます。
 
 
本屋を見ても、「話し方、伝え方」といった本がどちらかというと「聴く」よりも多くあります。
 
コミュニケーションは双方向でありますので「話す」だけではなく「聴く」能力が重要になります。
 
「相手にどう伝えたらわかってもらえるのか?」というのは誰もが意識していることだと思います。
 
 
ですが、どちらもそれを意識しすぎて、「相手の話をちゃんと聴いてあげよう」という意識が低すぎると、
 
 
お互い主張がぶつかるだけで、コミュニケーションが成立しませんね。
 
このような状態が継続すると、お互い不満がたまりコミュニケーションへのモチベーションが下がってきます。
 
 
結果、組織内コミュニケーションが薄くなり、組織力が弱くなってきます。
 
では、どうすれば良いのか?
 
 

 
 
 
それは「聴く」能力を強化することです。
 
 
「聴く」能力を強化するだけで、コミュニケーションが活発になっていきます。結果、組織の活性化へとつながります。
 
それでは「聴く」能力を強化するにはどうすれば良いのか?
 
私は「コーチング」や「NLP」を学ぶことをお勧めしています。
 
 
それぞれについては、また別の機会に書いてみたいと思いますが、これらを学ぶことによって、「聴く」ことの重要性を深く学ぶことができます。
 
コミュニケーションはなかなか本を読んだだけではわかりにくいです。
 
 
どちらかというと「体験する」ことが大切になります。
 
 
ぜひ体験的に学べる環境を取り入れてほしいと思います。
 

 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋