「人を活かす経営」というと、松下幸之助氏の著書が有名でありますが、いまだに廃れないテーマということは、各社とても悩んでいるところなのでしょう。
 
 

 
新卒採用についても、まだ学生の売り手市場が続くようで各社引き続き人材不足が継続しそうです。
 
 
学生は安定を求めて大企業に入りますが、大企業も競争環境が厳しいため安定しているとは言えません。
 
 
実際、私自身大企業に入りましたが、最終的には買収されて消えてしまいました。
 
 
従業員の生活を支える給与は、会社の利益から出ています。
 
利益を増やすには、売上拡大と生産コストや仕入れコストの削減を継続的に行っていく必要があります。
 
そのため会社は、利益を増やすために競争に勝ち抜いて売上を拡大していかなければなりません。
 
 
それを現在は、人材不足の中で行わなければならないため、一人一人の負担が大きくなり社員が疲弊していく可能性があります。
 
増えた利益が給与に反映されれば良いのですが、会社はもしもの時のために備えて内部に蓄えようとします。
 
大企業は仕入れコストを抑えるために中小企業がいつまでも売上が上がりにくい状況が続きます。
 
 
 

 
 
売上を上げるには社員をもっと働かせなければならない。
 
だけどそうしたら社員がつぶれてしまう。
 
そういうジレンマの中、売上至上主義に走った企業がブラック企業と呼ばれるようになったのでしょう。
 
 
競争に勝ち抜いて存在してこその給与。
 
というのも正論であるが、そのような考えの企業は生き残れなくなってくるでしょう。
 
 
なぜなら、同じ程度の給与を払ってくれる会社は他にもあるから。
 
 
ブラック企業と一時期叩かれたワタミもすき家も人材確保に苦しみ、店舗運営に支障がでていました。
 
 
人材確保できない企業は消えていくことになります。
 
 
人手不足倒産が増えていますよね。
 
 
では、どんな企業なら人材を確保しやすいのか。
 
 
それが「人を活かす経営」をしている企業です。
 
「人が生き生きと働いている会社」のことですね。
 
最近「健康経営」という言葉も良く聞きますが、それも同じ意味だと考えています。
 
 
各社、健康経営に力を入れ始めているが、どこまで効果があるかは未知数に感じます。
 
 
自殺者のでた電通も、「働きやすい企業」に認定されていました。
 
 
それはやはり先に書いたような、健康の前に赤字だと、何もできなくなる。。。のようなジレンマがあるからである。
 
大きな組織の中で意識を統一していくのは強いリーダーシップが必要である。
 
 
こういった状況の中、働き方改革のしやすさはまだ従業員の少ない中小企業の強みだと思います。
 
 
 
人材が少なく、有休すらなかなかとれない環境で働いていることをよく耳にします。
 
 
 
だからできない。で終わらせるか、できることからやってみる
 
 
と着手していくか、それは経営者の資質が現れるところでしょう。
 
 
 
坂本 光司氏の「日本でいちばん大切にしたい会社」を一度読まれてみることをお勧めします。
 
 
「人を活かす経営」を実現している会社が存在している以上、不可能では無いということです。
 
 
あなたの会社はどのような方向で進むのか?
 
決められるのは経営者自身である。
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋