損益計算書はわりと興味をもってチェックすることが多いのではないでしょうか?

売上高や利益など経営者にとって最も関心のある計算書類ではないかと思います。

 

詳細な見方は税理士さんや会計士さんにお任せするとして、ここでは中小企業診断士の視点で簡単に説明してみたいと思います。

損益計算書

 

損益計算書は会社の収益構造がどのようになっているかを表しています。

●「売上高」
は。。説明いらないですね(;^_^A

 
●「売上総利益」
「粗利益」とも呼ばれます。

「売上高」から、商品、サービスを出荷するまでにかかったコスト「売上原価」を差し引いて求めます。

商品を仕入れないサービス業やIT企業だとあまり重視されない数字かもしれません。
 
「売上高」が大きくても、「売上総利益」が少ない場合は、
・安売りをし過ぎ
・材料の調達コストが膨らんでいる
・生産効率が悪い
などが考えられます。
 
下請け製造業などで、加工サービス業のように製造原価をゼロにしてしまうところをたまに見かけます。
 
税理士さんの判断だと思いますが、各製品が効率的に生産されているか分析するためにも製品製造原価を求めるようにすることをお勧めします。

価格交渉の根拠にもなりますので。

●「営業利益」
本業で稼いだ利益です。会社の仕事の価値を表すバロメーターとして私は最も重視しています。

「売上総利益」から販売にかかった費用や会社の管理にかかった費用をひいて求めます。
 
この利益がマイナスだと大問題です。

働けば働くほど赤字幅が大きくなってしまいます。
 
コスト削減の対象として大きな額を占めるものとして
・人件費
・光熱費
・地代家賃
・リース料
・消耗品費
などが考えられます。

 
コストを削減額と比例して売上高が下がると意味がありません。

逆に売上高が上がったのに営業利益が増えないのもダメです。

少ないコストで売上高を高める仕組みづくりが必要になります。
 
 
●「経常利益」
「営業利益」に「営業外収益」を足して、「営業外収益」を引いたものになります。
 
「営業外収益」が大きいと経営に対する安定感が増します。
 
逆に「営業外費用」が大きいと経営に対する安定感が減ります。
 
「営業外費用」の中で大きくなりがちな費用は「支払利息」だと思います。
 
借入金が多額になると、「支払利息」のためだけに仕事をしているような感じになります。

もしものためと言いながら、むやみに借入金を増やさないようにしましょう。
 
 
●「税前当期純利益」「当期純利益」

「経常利益」に「特別利益」を足して、「特別損失」を引いたものになります。

「税前当期純利益」から「法人税など」を差し引いたものが「当期純利益」になります。
 

税金を払いたくないからと「税前当期純利益」をゼロに近づける会社がおられますが、お勧めしません。
 

資金繰りを良くしたいなら「税前当期純利益」の額を大きくする必要があります。

また、「当期純利益」が貸借対照表の「純資産」に組み込まれますので、自己資本を強化する効果があります。

 
キャッシュフローと自己資本比率は銀行が会社の安全性をはかるときに重視しますので「当期純利益」が大きくなるよう努力しましょう!