キャッシュフロー計算書を作成していますか?

会社法では義務化されていないため、上場していない中小企業の多くは作成していないのではないかと思います。

 

 

資金繰り表を作成しているところは、素晴らしいと思いますが、

現金がどのように流れているか、俯瞰して見られるのでキャッシュフロー計算書も作られることをお勧めします。

 

現金の増減を意識して経営しないと、不渡りを出すなど経営に行き詰る可能性があります。

 

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー(現金の増減)は

  • 営業活動によるキャッシュフロー:本業で増減した現金
  • 投資活動によるキャッシュフロー:設備などの売買に流れた現金
  • 財務活動によるキャッシュフロー:資金調達や返済に流れた現金

の3種類に分かれます。

望ましい形は
「本業で稼いだ現金の範囲内で、成長のための投資などを行い、負債の返済を行う」
というものである。

●営業活動によるキャッシュフロー:プラス
●投資活動によるキャッシュフロー:マイナス
●財務活動によるキャッシュフロー:マイナス
〇3つの合計:プラス

という形が望ましいです。

この中で最も重要なのは、営業活動によるキャッシュフローです。

 

営業活動によるキャッシュフローを増やすためにもっとも重要なことは、

損益計算書の「税前当期純利益」をできるだけ大きくすることです。

その他の施策を簡易的に述べてみると、

貸借対照表の「現金」以外の「流動資産」を増やさないようにする。
そして「短期借入金」以外の「流動負債」を減らさなようにする。

です。

 

売上債権の回収期間よりも仕入債務の支払期間の方が短かったら、現金が減少してしまう。

棚卸資産が増えていたら、それを仕入れるための現金が減少していることがわかります。

 

営業活動によるキャッシュフローは効率的な経営ができているかのバロメーターにもなるので、

意識してチェックすることをお勧めします。

 

また、資金繰り表をつくると、キャッシュフローを増やすには何をすればよいかわかりやすいと思います。

 

税理士さんを上手に活用されるといいですね。

 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋