メンタルヘルス問題での労災は年々増加傾向にあります。

 

それを受けて、2015年12月より従業員50名以上の職場では、ストレスチェックが義務化されました。

 

皆さんの会社では効果が現れているでしょうか?

 

 

結果について、どのようにフォローするかは、会社に任せられているため、チェックだけで終わっているところが多いのではないでしょうか?

どうして、メンタルヘルスの問題に対して有効な手段を取れる会社が少ないのか。

 

一番の理由は会社にとっての最優先事項を「収益の拡大」にしているためだと感じます。

 

1.配当、役員報酬、給料を払うためには収益を上げなければならない。
2.従業員への要求が高くなる。
3.仕事がきつくなり、休職者、退職者が発生する。
4.残った従業員の業務負担が増加する。
5.さらに仕事がきつくなる。
6.新たに従業員を雇っても、仕事がきつくてすぐ辞めてしまう。
7.ハードワークが常態化する。

 

のような流れがあるのではないかと感じています。

 

そしてブラック企業と呼ばれ、社会的イメージが悪化し、収益も悪化していく。。

 

この流れを変えるにはどうすれば良いか

 

会社にとっての最優先事項を「社員の健康的成長」などにしてみてはどうでしょう

 

1.社員が成長する。
2.短い時間で成果が達成できるようになる。
3.収益が上がり、会社が成長する。

 

という流れが期待できます。

 

 

ところでメンタルヘルス問題の発生要因の第1位は、「人間関係」になります。

ちなみに、会社の退職理由の第1位も「人間関係」です。

つまり、従業員の「コミュニケーション能力」の欠如が大きな要因になっています。

近年、採用時、新入社員に求めるスキルの第1位は「コミュニケーション能力」だそうです。

コミュニケーション能力」の大切さには気づいているようです。

メンタルヘルス問題の改善のためにも現従業員の「コミュニケーション能力」を高めることをお勧めします。

 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋