チームビルディング企業の経営者とお話ししててよく聴く課題として

 

「従業員が会社の経営方針に対して無関心」
「従業員と意思統一を図るのが困難である」

 

というのがあります。

共通して言える課題は

いかに生産性の高いチーム(組織)を作るか

です。

この課題に対する絶対的な答えはないと思います。

各社のおかれている状況、組織風土によって変わってきます。

 

ただ、会社の理念などを従業員に浸透させていくためのコミュニケーション能力が

欠如しているのが共通していると感じます。

 

できていない会社ほど、理念を伝えても無駄だと最初からあきらめているように感じます。。

 

経営理念を伝えたからといって、次の日には浸透しているという状態にはなりません。

 

時間がかかるもの、簡単では無いものと覚悟しておく必要があります。

 

そうだからと言って始めなくては、強いチームを作ることはできなません。

 

従業員が貴社で働くうえで得られるものはなんでしょうか?

 

お金しか無かったら、常に給料の良い会社の方に意識が向いてしまうでしょう。

 

御社で働くことによって、会社だけでなく社会にも貢献できているという実感を与えられていますか?

 

御社で働くことによって、自身の成長を実感できますか?

 

その実感もしくは期待が無いと貴社に貢献しようと意識が弱くなるかもしれません。

 

 

組織の三要素は「共通目的、貢献意欲、コミュニケーション」です。

 

それはチームでも同じ。

共通目的として、売上高とか販売件数とかをあげているかもしれません。

 

それを従業員にきちんと伝えてあるというかもしれません。

 

けど貢献意欲を引き出せていますか?

 

その共通目的を達成することで喜ぶのはリーダーだけという場合、

 

メンバーは何のために働いているのか分からなくなるかもしれません。

 

怒られるのを回避するためだけに働いているのかもしれません。

 

そのような状況だとチーム力は疲弊していくでしょう。

 

リーダーはチームの貢献意欲を引き出すような共通目的を設定し、伝え浸透させていかなければなりません。

 

どのような工夫をされていますか?

 

 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋