「資金繰り表」は作っていますか?

 

会社が倒産する条件は、債務超過に陥ることではありません。

 

6ヵ月以内に不渡り手形を2回出すと銀行取引が停止され倒産に陥るとされています。

 

会社の経営者であれば、当たり前のことかもしれないですね。

資金繰り

 

会社を存続させていくためにはキャッシュフローを黒字体質にしておくことがとても重要です。

 

長期的な視点ではキャッシュフロー計算書でも良いですが、

短期的に現金の出入りがどのようになっているか把握しておくことはとても重要です。

 

私が担当してきた再選案件では、きちんと「資金繰り表」を作成していたので、

「資金繰り表」を作成しているだけではダメみたいです

・当座比率を常に100%以上になるように安全性を高める

・現金は借入ではなく利益で増やす(利息が現金流出の要因になる)

・もしくは借入以上の利益増を確保する(できないなら借入に頼らない)

という意識を常に持ちながらチェックすることが必要です。

 

 

取引先との関係から

・支払手形の支払期日が短く
・受取手形の受取期日が長い

という場合があります。

現金が出ていく方が早いですから、手元現金が減少してしまいます。

また、不要に在庫を増やすことも現金流出要因になります。

「資金繰り表」を眺めると、それが良くわかります。

 

「資金繰り表」があるのに、資金繰りが苦しくなるってどうしてなんでしょう。

一つは、予想以上に売り上げが落ち込んで、営業活動による現金収入が少なくなってしまう。

もしくは、仕入れ価格が市況の変化によって、高騰してしまった。

ということがあったりするかもしれません。

 

 

 

ただ、会社経営の中では、「運が悪かったね」では済まされません。

「どうして、そういうことを想定して経営していないのか?」

ということを言われます。

まず、リスクマネジメントをして、余裕を持った計画を立てましょう。

そして資金繰り表を日々チェックしながら、現金不足に陥ることを防止しましょう。

 

資金繰り表サンプルをダウンロードするには、日本政策金融公庫のホームページから。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋