オープンイノベーションとは、

社外の技術力やアイディア、サービスなどを幅広く活用し、革新的な新しい価値を創り出す

ハーバード・ビジネス・スクールのヘンリー・チェスブロウ博士が提唱したものです。

イノベーション

 

ビジネス系の報道番組でよく耳にしますが、中小企業ではピンとこないのでしょうか?

大企業ではよく耳にするのですが、中小企業ではあまり聞きません。

 

商品、サービスが複雑化し、例えばスマートフォンだけでも、ものすごく多くの企業の技術が詰め込まれています。

 

あたらしい商品の開発を自社だけで行うことに、限界が現れることが多くなっているのではないでしょうか?

人材不足もあり、顕著になってきているようにも感じます。

そのような動きに対応して、外部のリソースを活用しようという考え方です。

 

デファクトスタンダードを生み出すためにも有効なのかもしれません。

デファクトスタンダードとは、マイクロソフトオフィスのように、業界標準のようになったものです。

 

ただ、オープンイノベーションを、単なる外注と勘違いしている例もみられるのではないでしょうか?(^^;

ただ自社でできないことを外部に委託してオープンイノベーションしているという話もききます。

それでは丸投げしているだけなので、革新的なことはほぼ起きないと思います。

 

 

組織文化の異なる企業がお互いの知識をぶつけ合うことによって相乗効果から創発されるものがオープンイノベーションです。

デザイン思考では、このようにイノベーションを起こしていこうと取り組まれます。

最近では、インキュベーション施設など、オープンイノベーション拠点が設けられたりと実施しやすい環境が整ってきていると思います。

 

商工会議所、各種支援拠点などトップ同士が出会える場も数多くあります。

社長自身がやると決めれば、すぐにでも実施できる環境が整ってきています。

 

事業に閉塞感が出始める前に、外部のリソースを活用しながら、常に変化し続けられる企業を目指しませんか?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋