人材の集まる良い職場環境を持つ会社とはどんな会社でしょうか?

 

それは人によってや、職種によって異なるとは思います。

絶対に必要な環境は、良い人間関係のある職場です。

オフィス

従業員がストレス無く、生き生きと働ける環境が良い職場です。

油汚れとか、鉄の錆とかに囲まれている町工場のようなところは、

夏は暑く、冬は寒い、トイレが古かったりと働く環境としては悪いかもしれません。

実際、若手従業員はそのような職場を避けるので、人材採用に苦労しています。

 

どうせ人材は来ないからとそのような設備面の改善を後回しにする経営者が多いように感じます。

そして、人材が集まらず、生産性が落ち、経営が不安定化していく。

そして、設備改善のための費用が出せなくなる。

人が生き生きと働いていないので、誰もそこで働きたいと思わなくなる。

そしてさらに人材が少なくなっていく。

 

この悪循環を逆回転させる取り組みを行う必要があります。

しかし、この取り組みは「勇気」が必要です。

それが、妨げる要因にもなっています。

職場環境を設備面から変える時は、大きな費用がかかります。

効率も慣れるまで一旦悪くなります。

病院でも電子カルテを入れた直後は慣れるまで大変だそうです。

それを乗り越えて、実行できれば、職場環境は良くなって来ると思います。

だから私は次のように考えます。

 

理想的な職場環境とは

経営者が従業員がどのようにしたら生き生きと働いてくれるかを常に考え、施策を実行している職場

だと思います。

 

現在の状況は各社様々だと思いますが、どのステージにあっても、

この条件を満たしていたら良い職場環境にいると思います。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋