知的資産経営ってきたことはありますか?

一言で言えば、企業内部に存在する目に見えない強みを経営に活かしていくものです。

知的資産経営

 

企業との面談で「御社の強みは何ですか?」と聞くと、「わからない」という回答も多くあります。

 

その業界や会社内にいると、当たり前になりすぎて強みと気づかないものも多くあります。

 

それらを洗い出して経営に活かしていこうとするものです。

 

 

なかなか自覚されないものだが、企業が存続している以上、何かしらの強みがあるはずです。

商品・サービス自身の強みはもちろんあると思われます。

それ以外にも

・従業員の持つノウハウ
・組織力、チーム力
・経営者のリーダーシップ
・従業員の貢献意欲
・顧客との関係性
・情報ネットワーク
・人脈

などなど

決算書などには現れない企業の強みがある。

これらを見つけ、強化し活かしていく。

これらの強みを見つけるコツがあります。

 

それは自社だけで探さないこと。

自社だけで探すと、冒頭にも書いたが当たり前すぎて気が付かない可能性が高い。

コンサルタントと共に探すのが望ましいと思うが、お客様に聞いてみるのも良い。

とりあえず自社だけで探さないことが大切です。

もし、自社の強みがわからないというのであれば、一度試してみてはどうでしょうか?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋