既存の事業の成長が停滞してくると考える必要が出てくるのが新規事業です。

御社ではその新規事業開発を担当する人は決まっていますでしょうか?

新規事業

ベンチャーや従業員の少ない企業では経営者自身が独断で決めていくことが多く、

中規模の企業でも企画担当など、ある程度役職のついた幹部だけで決めてしまうことが多いのではないでしょうか?

 

私のいた大企業でもそのような状態でしたので。

 

最近、ニュースの記事で、新規事業担当は希望者に任せるべきというコラムを見ました。

それに対して私も同感です。

従業員の成長のレベルにより、いろいろ意見は分かれるかと思いますが。

〇メリット×デメリットについて

◆経営者自身が考える場合
〇スピードが速い
〇社内の内部資源を良く知っている

×方向性が経営者の価値観に偏る
 時代にマッチしなくなっている場合リスクがある。
×従業員がついてこない場合がある。

◆担当者が考える場合
〇新規事業の障害について知識がある。

×やらされていると感じているとモチベーションが続かない。
 発想力が中途半端になる。
×無難な枠に収めようとするため、イノベーション的発想が生まれにくい。

など、デメリット部分が大きく影響してくる可能性がある。

希望者ならそれが無いのか?
というと。

権限の委譲がどれだけ進んでいるかにもよる。

 

失敗が許されないなら萎縮してしまうであろうし、権限を与えても予算を与えなかったら前に進まないでしょう。

 

 

上手く進まないときは、まず原点に戻ってみましょう。

どうして新規事業をやろうと思ったのか。
新規事業にどんなことを期待しているのか?
将来的にどんな会社に育てていきたいのか?
その時、どのような人材が育っていてほしいのか?

などなど

もう一度見つめなおすと、誰に任せるのがいいのか見えてくるのではないかと思います。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋