アメリカでは「勤務評価システム」改革を進めたところの離職率低下傾向がみられるそうです。

「チェックイン」と呼ばれるもの?

正式名称がわかりませんでした。(;^_^A

離職率

日本でも同じ効果があるのか?というのはわかりませんが、参考になるのではないでしょうか。

・評価を上司の一方的なものではなく、双方向で行う。
・上司も評価に関わる時間が大幅に短縮される。

などの特徴があるそうです。

 

 

従来型の仕事によるランク制度は見直しが進んでいるそうです。

 

離職率の大きな要因は「人間関係」

 

コミュニケーションがないままに一方的に評価されるというものが障害になっていたのかもしれません。

 

制度を見直して、お互いが納得する評価をコミュニケーションを取りながら行っていく。

 

部下も納得出るので、会社に残る。

 

みたいなイメージでしょうか。

 

御社ではどのような評価システムですか?

まだまだ年功によるものが多いのではないでしょうか?

企業によっては年功の方が管理しやすいなどの話も聞くので一概には言えませんが、 年功で賃金を決める仕組みは、年功制度でメリットがある人の意見しかきいていないように見えます。

離職率が高いという悩みがあるなら、一度見直しに着手しても良いのではないでしょうか。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋