働きがいのある会社ランキングがあるなど

「働きがい」というキーワードは注目されています。

働きがい

給料などで感じる部分も多いかと思いますが、

 

仕事内容によっても「働きがい」の大きさは影響を受けます。

 

会社から評価される仕事。
お客様から評価される仕事。
自身の成長につながる仕事。
などなど

 

これらの仕事は関わっているだけで「働きがい」を感じるでしょう。

 

 

それでは、流れ作業の中の一部を繰り返す仕事や3Kと呼ばれる仕事、ルーチンワークなど

一見、仕事内容に「働きがい」を見いだしにくそうな仕事の場合はどうでしょう?

どのように「働きがい」を感じてもらいますか?

イソップ寓話に「3人のレンガ職人」という話があります。

聴いたことありますか?

*********************************

 

世界中を回っている旅人が,ある町はずれの1本道を歩いていると,1人の男が道の脇で難しそうな顔をしてレンガを積んでいました。

旅人が、男に向かって

「何をしているのですか?」

と尋ねると男は、

「見ればわかるだろう。レンガを積んでいるんだ。俺は、朝から晩までレンガを積まなければならないんだ。年から年中、朝から晩までレンガ積みだ。こんなきつくてつまらない仕事、本当は辞めてしまいたいよ」

とぶっきらぼうに答えた。

 

旅人は、「そうですか。大変ですね」と男をねぎらって、歩き始めた。

 

旅人が少し歩くと、別の男がせっせとレンガ積みをしていた。しかし,その男は,先ほどの男ほどつらそうには見えませんでした。

 

旅人が、男に向かって、

「いったい何をしているのですか?」

と尋ねた。その男は、

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事なんだ」と答えた。

旅人が

「大変ですね」といたわりの言葉をかけると、男は、

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。仕事があるだけありがたいよ」

と少し微笑みながら答えた。

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

 

また、もう少し歩くと、別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

旅人が、その男に向かって、

「ここでいったい何をしているのですか?」

と尋ねると、男は、嬉しそうに言った。

「俺は、教会を造っているんだ!」

旅人が

「大変ですね」

といたわりの言葉をかけた。

すると男は、旅人に向かって満面の笑みを浮かべ、両手を広げながら自信満々に言った。

「とんでもない!この教会で多くの人が祈りを捧げ、安らぎを得ることができるんだ!素晴らしい仕事だろう!」

 

旅人は、その男の言葉をきいて、嬉しくなった。

その男にお礼の言葉を残して、元気いっぱいに歩き始めた。

 
*********************************

 

3人とも、まったく同じレンガ職人という仕事なのに「働きがい」の感じ方が異なります。

3人とも、仕事の目的が全く異なりますね。

現実でも同じでは無いでしょうか?

働く目的がお金でしかないと、中小企業の給料では「働きがい」を感じないでしょう。

与えた仕事が、どんなに会社に役立っているか、お客様に役に立っているか、社会に役に立っているか

それを伝えて、納得してもらわない限り、従業員の「働きがい」は向上しないでしょう。

御社の各業務にはどのような価値がありますか?