最近、コモディティ化という言葉を聞かなくなって気がします。

コモディティ化

コモディティ化とは
「競合する商品同士の差別化特性(機能、品質、ブランド力など)が失われ、価格や買いやすさだけを理由に選択が行われること。機能や品質面で大差のない製品が多く流通し、消費者にとって「どの会社のものを買っても同じ」状態になること。」
byはてなキーワード

 

リーマンショック以降の不景気から抜け出して、製造業が復活してきたからでしょうか。

 

私がメーカーに勤めていたころは常に聞いていたので(^^;

 

最近は、iPhoneやドローン、AI、自動運転、フィンテックなど新しい事業分野が現れたからかもしれません。

 

 

コモディティ化から抜け出すために、サービスを強化することがいいと思っていましたが、それは当たり前の時代になってきました。

 

このまま進むとサービスがコモディティ化してくるのではないかと考えています。

 

特に日本はサービスは無料という認識が強いため、付加価値を高められにくいと言われています。

 

高付加価値サービスを提供したところ、競合が格安で似たサービスを出してくる。

だから有料化しづらい。

だから、どこも似たり寄ったりでコモディティ化してくる。

 

だから、まず!

同じようなサービスでも、御社からしか買わないという理由を顧客に持ってもらう必要が出てきます。

 

 

よくファンを作るとか言いますね。

 

アップルやamazonのように、その会社のファンを作っていくことができたら、日本の企業も高付加価値のサービスを出していけるかもしれません。

 

お客様が御社を選ぶ理由として、理想的なもの・・・

 

それは何でしょうか?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋