経営者の責務として、てるみくらぶの記事が以前あがっていました。

(最近聞かないけど収まったのでしょうか?(^^;)

経営者

会社で起きる様々な問題の原因はすべて最高意思決定社の経営者だと考えています。

てるみくらぶは経営者の戦略ミスですが、それを止める人材を用意していなかったことが大きなミスかなと感じます。

 

中小企業だから良い人材が来ない、下請だから苦しい。。。よく聞きます。

 

中小企業でも良い人材がくる企業が存在する、下請けでも好調な企業も存在する。

 

この差が生れてくるのは、「経営者が責務を果たしているのか」だと思います。

 

 

経営者の責務は「会社を成長発展させるための意思決定を行うこと」

 

良い人材が来ないなら、良い人材が来るような会社に変えて行く意思決定をする

価格交渉能力がある下請けになりたいなら、技術力を上げるための意思決定をする。

 

このようなことが重要だと思いますが、受け身姿勢の経営者もまだまだ多いのかなと感じます。

 

 

また、

経営者はYESマンを周りに置きたがりますが、短絡的な意思決定をさせることにつながります。

 

勇気をもって、自分と意見が異なる部下の話もよく聞くことも責務かなと思います。

 

経営者としての責務が100%果たせたとしたら、御社はどのように変わるでしょうか?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋