従業員の不足に悩まれている中小企業は多いです。

離職

そういいながら、せっかく採用した人材を辞めさせてしまう中小企業も多いです。

 

従業員が辞める一番大きな原因は”人間関係”です。

 

 

その中でも上司との関係が一番大きいのではないかと感じています。

 

上司自身は一生懸命部下のためを思って接しているのでしょう。

 

おそらく自分自身が学んだ経験をもとに伝えているのでしょう。

 

その経験が時代に合わないものだと気づかないままに。

 

 

価値観の合わない部下にとっては、きつく当たってこられるように感じるのでしょうか。

 

結局、この上司の下で働いているとキツイということで辞められてしまうのではないかと思います。

 

 

 

どのようにすれば良いのか?

 

やはり、部下の話に”耳を傾ける”に尽きると思います。

 

上司がきちんと聴いてくれないと、部下はこの上司に話をしても仕方がないなと感じるでしょう。

 

そして不満だけを募らせていくでしょう。

 

不満を抱えていることを聴けない上司は、いきなり部下に辞められても理由を知らないため、また同じことを繰り返すでしょう。

 

そして辞めた原因は部下にあると思い込むため、改善されない状況が継続します。

 

もし心当たりがあれば、聴き方を見直してみてください。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋