仕事をしていると、ときどき失敗に遭遇する。

ネガティブ

そのことは、反省する必要があるが、ネガティブな感情をいつまでも引きずる人がいる。

 

逆にポジティブすぎるのもどうかとも思いますが、ネガティブでい続けるのももったいないなと感じます。

 

 

ネガティブな感情は、自分がこれ以上傷つかないように身を守ろうとする防衛本能です。

 

だから、その感情には感謝しつつ、視点を変えて考えてみてはどうでしょう。

 

自分がどのように成長すれば、同じようなシーンを回避できるのか?

 

もし回避できたとき、その機会に気づかせてくれたネガティブな感情はリソースだったことになります。

 

ネガティブな感情が出てきたときは、少し落ち着いて、客観的に自分をゆっくり見つめてみることをお勧めします。

 

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋