日本の経営は海外に比べて遅れていると感じる。

様々なコラムを見たりして感じることですが。

日本的経営

 

特にサービス生産性が低い。

サービスはタダのイメージが強いだけに低いところから抜け出せずにいます

 

また、外部環境が変わっても、人材が固定化する。

終身雇用が一般的であるので、産業が衰退に向かっていても人が減らせない。

結果、利益率が下がってしまう。将来に向けての投資が少なくなる。

 

 

といった構造上の問題から抜け出せていません。

 

その点中小企業は機動的に動けると思います。

しかし、そこから抜け出そうとしている方は一部を除いて少ないように感じます。

 

何が止めているのでしょう?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋