最近、銀行は回収見込みのある中小企業にしか回らなくなっている
という記事を見ました。

銀行

 

もしお金があれば成長できるはずの企業の可能性をつぶしているという批判の記事でした。

 

金融機関もリスクを恐れているんでしょうね。

 

ドラマ「陸王」も同じ世界ですね(;^_^A

 

 

日本もアメリカのようにエンジェル投資家が増えるような仕組みができればいいですね。

 

日本にもあるそうですが、誰がエンジェル投資家なのか見えないですもんね(^-^;

 

金融機関に話を戻すと、マイナス金利政策のために、どちらかというと貸し出しを増やしたいとこだと思います。

 

そのせいか、企業の体力以上に貸し付けをするケースも見られます。

 

金融機関に財務状況以外のビジネスモデルの可能性などを査定する能力が欠如しているのかなと感じます。

 

もしくはノルマなどの制度が間違っているのか。。(;^_^A

 

お金を借りるまでに踏む手続きの数も外国に比べて遅いらしいですしね。

 

金融機関がもっと企業診断能力を高めて、もっとダイナミックにお金を融通する仕組みをつくってもらうことを願ってます。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋