情報の非対称性は多くのところで問題になっている。

情報の非対称性

自分と対象者の間の情報格差のこと。

例えば、お店の人ほど商品知識に詳しくない顧客が店員の言うことを信じるしかない状況である。

悪い情報を知らないで購入することになり、後でがっかりするということになる。

商品については、口コミサイトなどでだいぶ、小さくなっているように感じる。

ただ起業塾の情報はよくわからないでしょう。
口コミも本当なのかどうだか。。。

お金を融資する銀行や保険では、逆に顧客が悪い情報を隠す場合がある。

そのため、特に銀行は中小企業への融資に時間がかかったりする。

どのような場合であっても、情報の非対称性は小さくするような取り組みが求められています。

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋