海外のITエンジニアは技術革新にストレスを感じるという記事を読みました。

技術力向上

私もソフトウェア技術者だったので、ものすごくわかります。

勉強しても勉強しても新しい技術が出てくる。

全く追いつけない。

大手は技術力向上のために、大きなお金を投資しているのに自社はしてくれない。

などなどで、結構ストレスがありました(^^;

 

ですので途中から、

技術力を持ったエンジニアを上手に活用できるようになろうとマネジメントの方にシフトしました。

ソフトウェア技術者を抱える職場は、担当者がその技術力向上に専念できる環境をいかに整えるかが重要になってくると思います。

そして、どのような価値を提供するソフトを開発するかを考える担当者とのコミュニケーションを良くしていくことも重要でしょう。

ソフトの多機能化によって、ますます複雑になってくると思います。

オペレーションする管理職の能力が問われる場面ですね。

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋