従業員とマーケターには壁があるという記事を読みました。

経営者と従業員の壁

マーケターが経営者目線ではないという話ですが

マーケターに限らない感じがします。

最近の若い世代は、収入のために残業するよりも、

自分の自由な時間を優先する傾向にあるそうです。

おそらく一部だと思うのですが、最近よく耳にします。

若い世代だけでなく、多くの従業員に感じることですが

自分たちの給料の原資がどこから来ているのか?

それを理解していないように感じます。

拘束時間だけいるだけで、自動でお金が入ってくると思っていないでしょうか?

 

実際は、自分たちが頑張って収益を向上させるから、収入と昇給があるのだということを知る必要があると思います。

そういう目線で考えると、やはり従業員も経営者としての思考を持つ必要があると思います。

本当は給料体系などをそのような仕組みにすればいいんでしょうけど、それはそれでリスクの高い会社とみられる可能性があります。

ですので、経営者と従業員の意識を一致させるためのコミュニケーションが最も重要だと考えています。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋