多くの経営者、管理職の方が苦手とするのが権限移譲なように感じます。

勇気がいることですからね。

権限移譲

慣れない部下に仕事を任すと、

仕事が遅れるかもしれない

品質が悪くなるかもしれない

失敗するかもしれない

それらを恐れて、なかなか権限移譲できない方が多い気がします。

そうなることで生じる弊害が

後継者が育たない

そして、リーダー自信がプレイングマネージャーになってしまう。

そのため、リーダーとして重要なマネジメントの仕事が弱くなってしまう。

 

 

こういった状況に対して、手遅れにならないために、リーダーには権限移譲する勇気が求められます。

部下が育つまでは、綿密なサポートが必要でしょう。

注意したいのは、丸投げになってしまうことです。

丸投げされたと部下が感じてしまったら

部下の方の成長が遅くなりますし、モチベーションが低下する恐れがあります。

焦らず計画的に権限移譲することで、リーダーの不安もコントロールできます。

もっとも避けたいのは、後回しにし過ぎて、手遅れになることです。

御社の権限移譲の状況はいかがですか?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋