多くの経営者、管理職の方が苦手とするのが部下への権限委譲。

勇気がいることですからね。

部下の失敗は上司の責任になりますので。

ただ、ビジネスを大きくしていくには避けられない重要なことです。

慣れない部下に仕事を任すと、

仕事が遅れるかもしれない

品質が悪くなるかもしれない

失敗するかもしれない

それらを恐れて、なかなか権限委譲できない方が多い気がします。

そうなることで生じる弊害が

後継者が育たない

そして、リーダー自信がプレイングマネージャーになってしまう。

そのため、リーダーとして重要なマネジメントの仕事が弱くなってしまう。

 

こういった状況に対して、手遅れにならないために、リーダーには権限委譲する勇気が求められます。

部下が育つまでは、綿密なサポートが必要でしょう。

注意したいのは、丸投げになってしまうことです。

丸投げされたと部下が感じてしまったら

部下の方の成長が遅くなり、モチベーションが低下する恐れがあります。

焦らず計画的に権限委譲することで、リーダーの不安もコントロールできます。

もっとも避けたいのは、後回しにし過ぎて、手遅れになることです。

権限委譲は勇気がいることですが、それが可能なマインドへ自己基盤を高めていくトレーニングはできます。

それはコーチングスキルを身につけることです。

コーチングスキルは部下のモチベーションを引き出すこと、人材育成にも活かせますので

ぜひ身に着けてほしいスキルになります。

※コーチングを学ぶなら銀座コーチングスクール心斎橋校へ※

 

仕事を任せるにしても、

任された側が、

自分のためになると思えるかどうかでモチベーションが変わります。

モチベーションが変われば、その成果の品質も変わってきます。

部下がどのように成長していきたいと考えているのか

その仕事をする上でどのようなことが不安になっているのか

十分に引き出して、それに応じた仕事の任せができるかによって、部下のやる気が大きく変わります。

そして部下のやる気、モチベーションが分かれば、上司としても安心して仕事を任せると思います。

いきなりとはいかないですが、繰り返すことによって勇気のいる権限委譲も

自信もって行うことが出来ます。

 

その部下からモチベーションのタネや不安のタネを聴き出す力がコーチングスキルにはあります。

上司がコーチングスキルを高めることによって、権限委譲される側の部下の安心感も増します。

仕事を丸投げにせず、安心して権限委譲するためにもコーチングスキルを学んでみてください。

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋