部下に感じさせてはいけないこと
という記事がありました。

モチベーション

いろいろアイデアを出すのに、あまり考えること無く否定してくる

自分の意見は聴いてもらえない

命令に従わせることだけしか考えていない

成果は自分のもの、責任は部下のせいにする。

などなど

上司の態度が、部下のやる気を下げていく。

そこまで過度でなくても、多少なりに無いでしょうか?

 

 

会社を辞める理由、会社でのストレス要因について

上司との人間関係が常に上位にあります。

自分は大丈夫と思っていると危険です。

改善しようとする意識が働かず。

部下の疲弊は続くかもしれません。

 

上司の役割はチームのパフォーマンスを最大化していくことが役割です。

それには部下のモチベーションが大きく影響します。

部下のモチベーションをうまく引き出すことが求められます。

そのためにどのような工夫をされていますでしょうか?

チームをマネジメントをする上司には、コミュニケーション能力が誰よりも求められます。

その中でも聴く力の強化を求められます。

 

”コーチング力”ですね。

それは分かっているといわれると思われているかもしれません。

ただ、コーチングを伝えるお仕事をさせていただく中、

コーチングをきちんと理解されていない方が多いなと感じます。

しかも誤解されている感じもします。

ちゃんと部下の話を聴いているつもりなのに、部下のモチベーションがあがらない

と感じられていたら、ぜひコーチングをしっかり学んでみてください。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋