ティール組織とか聞いたことありますか?

企業経営

 

U理論とどう違うのだろうとか。。

経営の「やり方」よりも「あり方」という記事がありました。

捉え方はずれているかもしれませんが、私も同意です。

企業経営にかかわらず、どんな良い方法であろうと、使う人の意識の差で結果が変わります。

どんなに正論を発言しても、聴いてもらえないと意味がありません。

 

経営においては、経営者やリーダーの話に、ちゃんと従業員が聴こうという姿勢ができているかが重要です。

そして、その前に経営者やリーダーが、従業員が思うように動いてくれない時、誰の責任と考えているかも重要になります。

従業員の責任として、「良い人材が来ない」「モチベーションが低い」などなど発言していると、良い人材が来ない限り経営状況が改善に向かわないかもしれません。

 

経営者の責任として、「良い人材が来るためには何ができるだろうか?」「人のやる気を引き出すリーダーってどんな存在だろうか?」などなど発言していると、自ら経営状況の改善に動きだすでしょう。

そのようなことから、経営者やリーダーの「在り方」というものはとても重要だと考えています。

そして、それを磨くのがコーチングスキルの導入だとも考えています。

まず、外部環境に振り回される経営ではなく、自ら切り開く経営に意識を変えてみてください。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋