就活生の売り手市場と言われる状態が長く続いていますが

実際には売り手と言われている人たちは高学歴の人がメインで

そうでない方たちは、それほど売り手市場ではなく、それなりに就職活動は大変だそうです。

周りが就職が好調であるために、就職活動に苦しい学生は”なぜ自分だけ・・・”みたいな感じでメンタル面できつい状況になっているそうです。

就活に限らず、メンタル面で落ち込んでいくまでの過程はなんとなく似ていますね。

まず、他人と比べる、もしくは比べられるという状態が続いてしまって、自分が劣っているんじゃないか

そう考え続ける状態が長く続いてしまうんでしょうね。

そういう状態でも気楽に乗り越えられる人、自分を責め続ける人がいます。

 

生産性向上

 

 

 

 

 

何が違うんでしょうか?

”メンタルが強いんだよ”と言われるかもしれないです。

そうもしれません。

ただ私はメンタルの強さというのはそれほど差が無いのではと考えています。

”ただの思考パターンの違い”なんだと考えています。

気楽に考えられる方は、上手くいかなくてもその過程を”意味あるもの、学びになるもの”などと捉えているのではないかと思います。

また、その過程を経て自分自身がどのように成長しているのかだけを見て、特に他人は他人と考えて比べないようにしているのではないかと思います。

あとは価値観が固まっている方ですよね。

”大手企業に採用されなければならない”と自分に刷り込みつづけているんでしょうね。

親や周りの人からもそうなんだと思うんですが。

だからそれができない自分を責めてしまう。。。

いろいろ複合的な要因があるかと思います。

コーチングを学ぶといろいろ物事のとらえ方や考え方が柔軟になります。

若いうちから学んでおくことをお勧めします。

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋