コーチングを学ぼうと思った理由に

管理職になったから、部下とのコミュニケーション力を上げたい

部下のモチベーションを引き出したい

などの理由を挙げられる方が多くおられます。

 

公平理論

それで学ぼうとされる上司についているだけで、部下の方のモチベーションは上がりそうな感じがしますが(^^)

部下のモチベーションを挙げたいといながら

すぐに「良い人材が入ってこない」とか「最近の若い奴は・・」などと部下のせいにしている上司の方についているよりは。。。(^^;

会社の給料が低いから、仕組みが悪いからと会社や経営者のせいにしている方もおられるかもしれませんね。

逆にどのような上司についたらモチベーションが上がると考えていますか?

どんなリーダについたら、がんばろう!って気持ちになるでしょうか?

ものすごく仕事ができる!ってことがあるかもしれませんね。

 

ただ、部下がついてくれるから、ものすごく仕事ができるという状態になったのかもしれません。

どちらが先かは人それぞれなんでしょうけど。

どちらにしろ、「コミュニケーション能力」がとても重要なのだと感じないでしょうか?

コミュニケーション能力があるから、部下の時代も仕事がスムーズにこなせて、

出世して上司になっても、部下とのコミュニケーション能力が高いから、チームの力を引き出して大きな成果を出す。

部下のモチベーションを上げるには、上司のコミュニケーション能力の向上が必要になります。

そう考えたとき、皆さんの現状のコミュニケーション能力は100点中何点ぐらいでしょうか?

その点をさらに上げる時、どんな方法があるでしょうか?

私はコーチングスキルを身に着けることが答えと感じています。

ぜひ体験講座を受けてみてください。

 

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋