政府は、解雇ルールの再設計に取り掛かり始めたそうです。

解雇ルールを再設計

来年から議論開始なのでまだまだ先の話に感じますが

主な論点は、「解雇の問題をお金で解決できるようにする」みたいです。

今でもできると思うのですが、正当な理由が無くてもできるようになるということかな?

会社側の一方的な判断で辞めさせることができるようになるなら、少し怖いですね。

海外では当たり前のことなので、やっと世界に追いつくという面はありますが

政府は、世界基準に追いつきたいっていう気持ちが高いんでしょうね。

 

実際、今の強すぎる正社員の制度は、企業間競争が世界レベルになってくる中で大きな負担になっていましたからね。

仕事をがんばらなくてもクビにもなりにくいし、給料はもらえる。

一部の公務員が顕著ですが、そりゃ一生懸命に働かなくなる方がいても不思議じゃないですよね(^^;

ということで、ちゃんと一生懸命に仕事に取り組んでくれる方だけ囲い込める制度に変えちゃおうということじゃないでしょうか。

いろいろ弊害があるとは思いますが、望ましいのではないかと思います。

逆に、私たちがお客様の立場でお店に行ったとき

いい加減に対応してくるスタッフと

一生懸命に対応してくるスタッフ

同じお金を払うならどちらに対応してほしいですか?

ということだと思います。

 

まだまだ導入は先だと思いますので、従業員側は従業員側で、会社にとって辞められると困る人材になっておく必要がありますね。

その時、お互いWIN-WINの関係になれて、良い職場ができあがるのではと感じます。

 

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋