仕事の目標をどのように決めていますか?

目標管理制度

質問しておきながら、これが一番正しいって方法が無いものですよね。

大手企業では、人事考課に目標管理制度を取り入れているところが多いのではないでしょうか?

今期の目標を上司と面談しながら、自分で決めるという方法です。

自分で目標を決めるからモチベーションアップにつながりやすいと言われています。

しかし、この目標管理制度。

問題が指摘されて、採用を取りやめる企業も増えています。

 

 

海外では、先行して廃止が進んでいるとも聞きます。

弊害は

・上司と面談して自分で決めるという建前ですが、実際は上司が決めることが多い。

 会社の計画目標があるから、それが自然に従業員にも降りてくるんですよね。
 
 
・目標の達成度合いによって、評価がきまります。

 そして、その評価が昇給に影響します。
 
 そのため、目標を低めに設定するほど、昇給に有利になります。
 
 だから全体として、みんなが低めに目標を立てるから、パフォーマンスが低くなる。
 
 

このように、本来期待した効果が得られない。

ってことで取りやめる企業が増えているといいます。

御社はどのように、従業員の評価を行っていますか?

また、目標の決め方について

今を基準に決めがちな方が多くいます。

今までの実績から考えると、今期はこれぐらいできるかな

といった感じで、現在の延長で決めることが多くないでしょうか?

その場合、良い悪いにかかわらず、現状の実績に引きずられる感じになります。

そのため、大きなイノベーションは起きづらいです。

逆に、これまでの実績がどうだったか関係無く、今期末にどのような状態になっているのが理想的なのか。

ここからスタートすると、現状とのギャップから、どんなことを今期やっていかなければならないのかが明確になります。

 

 

目標を

現状をベースに考えるのか

理想の状態をベースに考えるのか

計画に挙げられる内容が異なってきます。

そういえば、書籍「7つの習慣」でも、

「終わりから考える」ことが重要と書いてましたね。

もし試せる部分があれば、取り入れてみてください。

 

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋