あなたの会社ではどのように商品・サービスを開発していますでしょうか?

働き方

中小企業でもアイリスオーヤマのように、中小企業?って思うぐらいに人材がそろっている企業なら、いろいろできそうですが。

人材など経営資源の少ない企業では、なかなか大変なのではないでしょうか?

そしてさらに、会社を持続的に成長させていくには、良い商品・サービスを継続的に開発し続けなければなりません。

景気が上向きなときはいいですが、下向きに変わったとき顧客から選んでもらえるような商品力・サービス力を持っている必要があります。

それでは、経営資源の少ない中小企業はどのように商品・サービスを開発すればよいのか?

それに対しての正解はわかりません。

 

「わからんのかいっ!」って声が聞こえてきそうですが(;^_^A

 

実際、良い商品、サービスを開発している企業が同じ方法で開発しているわけじゃないですよね

各会社にあった、最適な開発方法で成功されているのではないかと思います。

それではあなたの会社ではどのように商品・サービスを開発しますか?

私はまず、社員の商品・サービス開発に対するモチベーションを上げることが先ではないかと思います。

よく、私はこうしていきたいと考えているのに社員に伝わらないと嘆いている社長をみます。

社員がついてきていない場合、特にサービス品質は向上しません。

社員側から、「こんな商品を開発してはどうか?」「こんなサービスを加えてみてはどうか?」などの意見が活発にでるような風土へと変えることが望ましいと考えています。

じゃぁ、どうやったらそんな社風になるんだってことですね。

これも絶対という正解はないものですが。。(;^_^A

 

ある企業は、経営方針発表会を行い、定期的に社長の考え方を発信し、社員とコミュニケーションをとり続けたそうです。

そしたら1年ぐらいして、社員側も自主的に自分の仕事の方針を作り始めるようになったそうです。

コツは、思いが伝わるまで継続することです。

数回試してみて、諦められる方が多すぎるように感じます。

あなた自身も、数回言われたぐらいでは、考え方変わらないでしょう?(^^)

伝わらないなら、伝わるように伝え方を見直してください。

こういったことをやり続けたとき、あなたの会社は新しい商品・サービスを社員自ら生み出してくれるようになるでしょう。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋