最近、採用を増やしている外国人というと、ベトナム人というキーワードをよく耳にするようになりました。
 
 
外国人を採用するというと、中国人というイメージが高かったですが、最近はそうでもないみたいです。
 
ベトナム
 
 
中国自身の経済成長によって、わざわざ日本で働くメリットが薄れつつあるみたいですね。
 
 
ベトナムも急成長している国ですが、日本で働くことは魅力的みたいです。
 
 
日本の企業にとっても、ベトナム人はとても勤勉な方が多いようなので、魅力があるそうです。
 
 
人手不足感が強くなってきて、外国人労働者の力を頼らないとやっていけなくなってきている日本企業。
 
 
そのようなベトナム人の方でも、日本で働いてもらうためには、待遇面でかなりの投資が必要みたいです。
 

 
住むところ、食事など、安心して日本で過ごせる環境づくりをしないと、良い技術者を呼べないそうです。
 
 
絶対というわけではなくて、待遇の悪い状況で働いているベトナムの方もいるみたいですが。。。
 
 
 
 
今後、将来、移民を受け入れる可能性があるとすると、それに向けて準備をしておく必要があると感じます。
 
 
日本人労働者を雇うよりもコスト負担、教育負担が大きくて、尻込みしてしまう中小企業が多いかもしれません。
 
 
シニア層の雇用に走るのも良いとは思いますが、技術力の向上は定着率向上など、継続勤務期間の長さの影響が大きいです。
 
 
今から、その時に向けて、外国人労働者を長期的に雇える関係づくりを始めても早すぎることはないと思います。
 
 

 
 
さらに積極的な会社になると、ベトナムに事務所を作り、そこで人材を育成して日本に連れて来るということに取り組んでいたりします。
 
 
うちはまだと言っている会社があるかもしれません。
 
 
ただ、まわりの会社が行動しはじめると、まだとは言ってられなくなります。
 
 
早め早めの行動をお勧めします。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋