よくストレス社会と言われますが、

職場の中でもストレスに感じることは多くあるのではないでしょうか?

 

ストレス要因

無いという方は、とても恵まれた環境にいますね(^^)

職場にかかわらず、とても大切なことは

ストレス要因は人それぞれ違うということです。

ある人にとっては楽しい職場でも、ある人には退屈な職場かもしれません。

よくあるのが、自分自身の中にある「普通」を部下や同僚に押し付けようとすること。

自分にとっての「普通」は、他人にとっては「普通」ではありません。

それが相手にとっては大きなストレスになることがあります。

職場でのストレス要因の第一位は「人間関係」とよく言われます。

このように価値観の違いと、上下関係など力関係から、弱い立場の人はストレスが溜まっていきます。

そして、その相手が、精神疾患に陥ったり、会社を退職することになっても、自分の「普通」が正しいと思っているので、改善されません。

このような状況に陥っているものをどのように改善しますか?

 

 

また、仕事量がストレス要因になることが多いでしょう。

人手不足の状態が高まっているので、仕事量の負荷は高止まりしているのではないでしょうか。

仕事量が多いと、常に緊張状態にいることになりますから、それは疲れますよね。

今の状況をどのように、乗り越えようとしていますか?

とりあえず、我慢で乗り切ろうといっている会社があるかもしれません。

その会社の従業員は大変ですね。

ある会社では、あえて残業時間をゼロにしました。

そして、それでも業績をアップさせることに成功されています。

この会社の違いは何でしょう?

どちらのほうがストレスが低そうでしょうか?

どんな会社でもストレスは存在すると思います。

そのような中でも一番のストレスは、ストレスが高い職場にもかかわらず、改善しようとしない会社の態度ではないでしょうか。

 

 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋