「やりたいことがよくわからない」と言われる方、多くないでしょうか?
 
 
起業家支援していると、よくそこで壁にぶつかることがあります。
 
 
本当かもしれませんが、そうでないかもしれません。
 
公平理論
 
 
 
本当の場合は、見つけたいと本当に考えているかどうかですね。
 
 
本当にやりたいことを見つけたいと思っていないのであれば、他人がどうこう言うことではないですね(^^)
 
 
本当にやりたいことをみつけたいと思っているのであれば、そのための行動をした方がいいですね。
 
 
普段の生活パターンで見つからないなと感じているのであれば、行動パターンを少し変えてみることが必要かもしれません。
 
 
ライフネット生命会長兼CEOの出口治明さんは「人生を豊かにしてくれる3本柱」として「人・本・旅」をあげています。
 
 
どれも、今まで出会ったことのないものに、敢えてであってみると、世界観を広げてくれますよね。
 
 
 
 

 
 
 
 
話をもどして、「やりたいことがよくわからない」が、本当ではない場合。
 
 
 
やりたいことはあるけど、敢えて見ないようにしていたり、口にしていないようにしている場合もあります。
 
 
なぜなら、「やりたいことをやる」って結構リスクがあったり、勇気が必要だったりします。
 
 
 
とにかく大きな覚悟が必要ですよね。
 
 
 
だから「何がやりたいか今探している」という言葉で、現状維持する形になっている場合があります。
 
 
 
 
ただ、視野を広げれば「やりたいことをやる」状態に一歩でも近づけていく方法はいくらでもあると思います。
 
 
 
何事も一気に達成しようとするからハードルが高く感じるわけですよね。
 
 
大学受験も、「1カ月後」と言われるとハードルが高く感じますが
 
 
「3年後」と言われるとハードルが低くなった感じがしますよね。
 
 
 
「来月にはやりたいことをやっているという状態を作る」というより
 
 
「3年後にはやりたいことができている状態にする」という考えであれば
 
 
できることがいろいろ出てくるのでは無いでしょうか。
 
 
ぜひ、いろいろ試して「やりたいこと」にチャレンジしてみてください。
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋