日本以外の外国での調査結果にはなりますが、

技術的なリーダー企業に比べ、そうでない企業のストレスや離職希望は高い傾向にあるそうです、

 

こういうデータを見ると、やっぱりみんな成長欲求ってものがあるのだなって感じます。

目標管理制度

リーダー企業の方が給料いいってこともあると思いますが。

私自身もリーダー企業ではない会社のソフトウェア技術者でしたので、

その技術者が感じるストレスはわかる気がします。

リーダー企業に追いつき、追い越したいのに

それに対して会社が何もしてくれない

技術的なスキルアップをするには、自分自身のお金と時間を使って努力しなければならない。

それに対し、リーダー企業は会社が教育にお金をかけて、最先端のスキルアップ研修をしている。

そして、その格差が大きくなる。

それが、大きな不満やストレスにつながり、リーダー企業に行くしかないってなってくる。

これが離職率の高さにつながっていく、プロセスではないかと思います。

それが分かったところでどうすれば良いのか?

 

 

だからといって、最先端のスキルアップ研修をできるようなお金がない

っていう企業がほとんどだと思います。

給料の面も同様ですが、お金の面だけで話をすると

上を見ればキリがない状況になります。

リーダー企業と同じことをしようとすると、

どこかで歪が出てきます。

 

いかにリーダー企業が手を出していない分野に集中して、

その分野に取り組む意義を社員と共有し

その分野に集中して教育投資をしていく。

ということが必要ではないかと思います。

 

リーダー企業に行ったら、この分野の取り組みはできない。

この分野でのリーダーは、この会社だけだ

という状況を作り出せば、ほかの会社と比較する程度も減少するのではないかと思います。

ほかの会社と比較しなければ、ストレスも減るし

離職率も減っていくのではないかと感じています。

 

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋