ビジネスコーチングに限らず、コーチングと心理学は密接にかかわっています。

会社内で、

社長は、社員のモチベーションをどのように上げていったらいいのか?

管理職は、部下のモチベーションをどのように上げていったらいいのか?

相手のモチベーションはどこにあるのか?

副業解禁

おそらく誰しも悩むところではないかと思います。

相手によって答えが違いますし、

同じ相手でも時期によって答えが変わります。

そのためにモチベーション理論という研究分野があるわけですが、

いろいろな理論がある中で

「マズローの欲求5段階説」は有名な理論の一つだと思います。

ちょっと違うのではないかと思う部分もあるかと思いますが、

シンプルで「確かに」と思う部分もあるので、わかりやすい説だと思います。

 

「マズローの欲求5段階説」を簡単に説明すると、

人の欲求というものは、

1.生理的欲求
2.安全の欲求
3.所属と愛の欲求
4.承認の欲求
5.自己実現の欲求

のような順番で発生する。

「1.生理的欲求」が満たされると、「2.安全の欲求」が起きる。

のように不可逆的に欲求が発生するというものです。

可逆的だという説も存在しますが、ここではシンプルにマズローの説で行こうと思います。

「3.所属と愛の欲求」については、孤独を好む方がおられるかもしれませんが

基本的にどこかコミュニティ(家族含む)に所属したいという欲求になります。

多くの日本人、そしてビジネス関係に絞ると

「3.所属と愛の欲求」まではだいたい満たされているのではないかと思います。

「3.所属と愛の欲求」が満たされる会社に所属しながら、なぜ会社を辞めてしまうのか。

「4.承認の欲求」が満たされないからです。

「4.承認の欲求」を満たしてくれるところを、探して別の会社へ行ってしまうのです。

社内表彰など、「4.承認の欲求」を満たしているのに、社員のモチベーションが上がらないのはなぜか?

「5.自己実現の欲求」が満たされないからです。

 

「もっと成長したい!」「もっとやりがいが欲しい」という社員に対して

指示した仕事しかさせない。

単調な仕事しかさせない。

だと、「5.自己実現の欲求」が満たされません

「5.自己実現の欲求」が満たされないとわかると、モチベーションが上がりません。

ただ、「4.承認の欲求」まで満たされていると、会社にしがみつきます。

そして、給料は高いけど、頑張らない社員が会社に残ることになる。

というのが、「マズローの欲求5段階説」から考えた

社員のモチベーションが上がらないまでのストーリーですが

なんとなく、合っている部分があるのでは無いでしょうか?

私自身は体験上、とても分かりやすいと感じましたので

よく説明で使っています。

では、社員のモチベーションを上げるにはどのような取り組みをしたらいいのか?

なんとなく見えてきませんか?

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋