コーチングとはどのようなもの?

と聞かれたとき、どのように答えますか?

残業上限規制

多くの方が、クライアントに何か指導して

クライアント自身が問題解決できるように導いていく

というイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか?

 

体験講座をしていると、よくイメージしていたのと違った?

と言われます。

 

コーチングの目的はいろいろあると思いますが、

私はまず、コミュニケーションのスキルアップとして

コーチングを学んでほしいと思っています。

なぜなら、”聴く”スキルが強化されるからです。

 

コミュニケーションというと、

上手くしゃべる

分かりやすく伝える

プレゼンテーション

話が面白い

などなど

”話す”スキルに意識が行きがちです。

”話す”スキル強化の努力はされてきたのではないでしょうか?

ただ、コミュニケーションは”話す”と”聴く”が双方あって、初めて成り立ちます。

”聴き手”がいないと、ただの独り言になります。

そして話が続かなくなります。

そうであるにも関わらず”聴く力”の必要性は忘れられがちです。

そして”聴く力”は勘違いもされがちです。

”聴く力”をアップしたら、どうなると思いますか?

どんなに眠くなる話でも
相手の話を聞き逃さなくなることが”聴く力”?

どんなに自分の理解できない世界の話でも
ちゃんと理解することが”聴く力”?

”聴く力”ってなんでしょう?

改めて”聴く力”をアップしたらどうなると思いますか?

 

 

コーチングで言う”聴く力”とは

”相手に気持ちよくたくさん話してもらう力”です。

”しかも本音で”

相手を黙らせてしまう人は”聴く”ことすらできなくなります。

コーチングで言う”聴く力”を身につけることにより

相手がたくさん話してくれます。

たくさん話してくれるからコミュニケーションが活発になります。

本音で話してくれるから、内容の濃いコミュニケーションになります。

皆さんの組織では

すぐ批判したり、否定したり、相手を黙らせるような人はいませんか?

信用できないから本音で話せない人はいませんか?

もし、そういう人がいると

組織内のコミュニケーションは表面的なものになります。

隠ぺいなども発生しやすくなります。

ストレスの増加やモチベーションの低下につながります。

結局、組織力の低下にもつながります。

 

 

だからこそ、”聴く力”を高めるために

コーチングを学んでほしいと考えています。

特に役員や管理職の方に。

 

 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋