PDCAサイクル
 
有名すぎて、お仕事をされている方はほとんど知っているのでは無いでしょうか。
 
経営力強化方法
 
 
いろんなことを効率的に進めるためのフレームワークです
 
 
Plan(計画)
 
Do(実行)
 
Check(評価)
 
Action(改善)
 
 
の順にぐるぐる回すのが、PDCAサイクルです。
 
 
とてもシンプルです。
 
 
納得性も高いですよね。
 
 
 
計画したものを実行してみて
 
 
それがどうだったか評価する。
 
良かった部分をもっと良くするには?
 
悪かった部分を改善するには?
 
をリストアップして改善する。
 
 
 
これを繰り返していけば
 
何事も前進しながらどんどん良くなっていきますよね。
 
 
 
とても分かりやすいフレームワークですよね。
 
 
だからPDCAサイクルを口にされる方が多いです。
 
 

 
 
 
 
ただ、口にされる方が多いということは
 
 
それだけ言ってもできている方が少ないということかもしれません。
 
 
 
 
よく聞くのは
 
 
Plan(計画)→Do(実行)
 
 
を繰り返すだけで
 
 
Check(評価)→Action(改善)
 
 
が行われない。
 
 
というものです。
 
 
 
いかがでしょうか?
 
 
思い当たるところはありますか?
 
 
 
 
私が思うところ
 
 
目標設定が甘かったのかな
 
 
と思います。
 
 
実行してみたけど
 
 
これ向かってる方向と違うかったかな?
 
 
って感じることが多いのかな
 
 
と感じています。
 
 
推測ですが。
 
 
 
コーチングはまさにPDCAサイクルの連続になるわけですが
 
 
そこで大切なのは、目標設定です。
 
 
それよりも大切なのが、「なぜその目標なのか?」という
 
 
目的レベルのものです。
 
 
 
PDCAサイクルもそうですが、
 
 
それを「なぜやるのか?」がしっかりしていたら
 
 
ぶれることが無いのではないかと思います。
 
 
目標がぶれなかったら、PDCAサイクルがしっかり回りだすと思います。
 
 
PDCAサイクルを用いる時は、
 
 
まずそれを回し続けることによって
 
 
どこにたどり着きたいのかを明確にしてください。
 
 
 

 
 
 
会社で行うときは、まずは経営理念から始まります。
 
 
そして経営理念を達成することによって
 
 
どのようになるのかのビジョンを明確にします。
 
 
あとはビジョンを達成するために何をするのか?
 
 
 
そこまでの途中途中の目標が出てきます
 
 
ビジョンを達成するためには重要な目標だと思いますので
 
 
実行したら終わりということにはならないと思います。
 
 
PDCAサイクルが回っていないなと感じたら
 
 
ぜひ目的の部分から見直してみてください。
 
 
 
 
 
 

銀座コーチングスクール心斎橋校(大阪)
銀座コーチングスクール心斎橋